ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

R2-D2が投影するキーボード

DATE:
  • ガジェット通信を≫

僅か近い未来、この太陽系のそこかしこで…。2015年、ついに『STAR WARS Episode7』の公開が決定となりました。これを機に登場するであろう、さまざまなグッズがファンの財布の紐を緩ませてしまうことは、フォースを使わずとも予測できますね。そんなSTAR WARSグッズのなかで、最新の話題となっているのが、スマホやパソコンで使えるこの『R2-D2 バーチャルキーボード』です。

【画像や図表を見る】

映画公開順では第1作となる「Episode 4」で、このR2-D2がホログラムのレイア姫を投影するシーンに、夢の未来を感じた人も多いはず(物語は“遠い昔”の設定ですけどね)。この製品は、ホログラムこそ投影しませんが、それよりも実用的な「キーボード」を投影してくれる夢のグッズなんです。投影式のキーボード自体は珍しくありませんが、R2-D2を忠実に再現した形状が大きな魅力。さらにもうひとつ、ファンを喜ばせる仕掛けがあります。

電源のON/OFF、Bluetoothペアリング時、輝度調整時、キー操作音量調整時、マウスモード切替時、文字入力モード切替時、省電力切替時。これらの操作ごとにR2-D2が映画と同じ“あの声”を発するんです(消音も可能)。それぞれ異なる声が割り当てられるというこだわりに、思わずニヤリとしてしまいますね。

頭部レンズから赤いレーザー光を投射するリアルな形状の本体は、iPhoneより一回り小さく、手のひらに収まる大きさ。外付けキーボードに比べてもコンパクトなので、持ち運びにも便利です。もっとも、外では注目を集めすぎて、作業しにくくなる可能性は否定できませんが…。

現在予約受付中で、発送は8月下旬から。最新作の公開に合わせ、今から気分を盛り上げておくのはいかが?
(のび@びた)
(R25編集部)

R2-D2が投影するキーボードはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
“CDの曲”をスマホに継承する
度肝を抜く!キワモノ文具8選
人形用のソフマップ撮影セット登場
間違いだらけの「デスクの姿勢」
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP