ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大竹しのぶ歌うディズニー曲に驚き

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アンジェリーナ・ジョリーが主演する7月公開のディズニー実写映画『マレフィセント』。その日本版の主題歌『ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~』を、女優の大竹しのぶが歌っていることが6月11日に発表された。同曲はYouTubeなどで事前に公開されていたものの、誰が歌っているかは公になっていなかったため、この発表を受けてネットには様々な反応が並んでいる。

【画像や図表を見る】

同曲は、1959年のディズニーアニメ映画『眠れる森の美女』で流れるオープニングテーマ『ONCE UPON A DREAM』に、新しく日本語歌詞をつけてカバーされたもの。『マレフィセント』は、主人公のオーロラ姫に呪いをかける悪役であった魔女・マレフィセントの視点から描かれており、新たな日本語歌詞に加え、曲調・テン
ポも原曲とは大きく変更されている。

6月5日にディズニースタジオのYouTube公式チャンネルで同曲のミュージッククリップが公開されていたが、6日後にあたる11日にその歌い手が大竹であると発表されると、ツイッターには次のようなユーザーの反応が投稿された。

「こらまた意外な人選」
「あ、あの日本語版の歌って大竹しのぶさんなんだ なんか意外」
「大竹しのぶさんの主題歌いい感じだ!好き!」
「大竹しのぶ歌うまー!英語版を初めて聴いたとき、邪悪で不気味だけど美しいってイメージ持ったけど、吹き替え版もその感じが出てて、素敵!」

このように、驚きや称賛など様々な声がみられる。

また、目下大ブームのディズニー映画『アナと雪の女王』を想起するユーザーも少なくない。同作の日本版の主題歌『Let It Go』も、劇中で歌っているのは本業が女優である松たか子。ディズニー映画で有名女優が主題歌を歌うパターンが続いたため、自然と『アナ雪』のことが頭に浮かんできたようだ。
(R25編集部)

大竹しのぶ歌うディズニー曲に驚きはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
国歌独唱、IMALUの歌唱力は?
名悪役ランキングにフリーザ入らず
各国ユーザー絶賛!松たか子の歌声
今年の流行語は「ありのまま」?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP