ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エアコンはこまめにオンオフしないほうがお得 炊飯器は逆

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 節電で、家電のスイッチをこまめに切る人が増えたが、エアコンは頻繁にオン・オフしないほうがお得という。大手住宅メーカー勤務後に独立し『All About』家電ガイドの戸井田園子さんは、こう説明する。

「最近のエアコンは、室温が安定していれば1時間200Wh程度しか消費しませんが、スイッチを一度切ってまた入れ直すと、立ち上がりに900Whを要し、室温が安定するまで急速運転を続けて消費電力が上がります。たとえばいったんスイッチを切り、30分後にまたスイッチを入れて30分運転するのと、1時間つけっ放しにするのでは、1か月の電気代が12~61円差に。短時間なら、むしろつけっ放しのほうが節電になります」

 一方、こまめにスイッチを切るべきなのが、炊飯器。

「わが家では、朝炊いたご飯を小分けにして冷凍庫に入れておき、レンジでチンして食べます。炊飯器で保温するより、ずっと節電になります」

 家電によって、異なるスイッチの切る・切らないの使い分けも覚えておきたい。

※女性セブン2014年6月26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
エアコンやテレビのスイッチをこまめに切のは節電にならない
CMでおなじみ松田代表 「やる気スイッチ」入れるには朝型に
節電しましょう! ムードはあるものの、がまんやムリは禁物

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。