ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドSでセクシーすぎるフランスの美女優、エヴァ・グリーンのR指定衝撃映像

DATE:
  • ガジェット通信を≫

革命的な映像美で、血沸き肉躍る壮絶なアクションを叩きつけたスペクタクル巨編『300<スリーハンドレッド>』から早7年!世界が待望した続編『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』がついに6月20日(金)全国公開される。そしてこの公開間際に、とんでもない特別映像を先行入手した!!

前作で、ペルシア帝国100万の大軍を相手にひるむことなく命を賭け、死闘を繰り広げたのは、レオニダス王率いる最強国家スパルタのわずか300人の勇敢な兵士たち。
天才ザック・スナイダーが創り上げた圧倒的な世界観、極限まで鍛え上げられた肉体美、戦争映画の常識を覆した驚異の戦闘シーン、男気溢れるマッチョイケメン軍団たちは、全世界に熱狂的に迎え入れられ、レオニダス王の雄叫び「THIS IS SPARTA!!(スパルタをなめるな!)」はここ日本でも流行したほど。

続編となる『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』ではプロデューサーに徹したザック・スナイダーは、「前作の結末は見てのとおり……メイン・キャラクターのほぼ全員が死んでしまったんだ。だから、僕としては完結したと思ったよ。だが、ある日フランク・ミラーから連絡をもらったんだ。フランクは『新作の構想を練っている』と言っていた。そのストーリーを聞いたとき”すごい、これはおもしろそうだ”と思ったんだ。そのあとフランクからコンテやデッサンが送られてきて、『よし、やろう!』ということになったんだよ」と熱がこもる裏話を明かしている。

そんな本作では、よりグレードアップした魅力的なヴィラン(悪役)たちが登場。そのあまりの過激さ&非情っぷりで、レイティング(映倫区分)R15指定にめでたく認定されてしまったほどだが、今回先行入手した動画では、世界侵略を目論むペルシア帝国のクセルクセス神王、残忍な女戦士アルテミシアの魅力に迫る、ファン必見の内容に仕上がっている。。

【動画】http://youtu.be/pO6G3yISxyU

前作でおなじみの面々に加え、主人公の勇者テミストクレス役に『L.A.ギャングストーリー』のサリバン・ステイプルトン、宿敵となる女戦士アルテミシア役に『ダーク・シャドウ』のエヴァ・グリーンが新たに参戦。
製作はもちろん、前作でメガホンを取った巨匠ザック・スナイダー。監督には新鋭ノーム・ムーロが抜擢され、ビジュアル表現はフレッシュにパワーアップ。『シン・シティ』の鬼才フランク・ミラーによる原作グラフィック・ノベル「クセルクセス(Xerxes)」を、独自の世界観はそのままに最先端をいく映像表現へと鮮烈に昇華。全米では初登場1位の大ヒットスタートで迎えられ、圧倒的な興奮を呼んでいる。

前作で死闘を繰り広げた最強国家スパルタの300人の兵士たち。その”誇り高き魂”を継いだギリシア屈指の戦士たちが、制服をもくろむ進軍してくるペルシャ大軍に、全土を集結させて立ちあがる。最終決戦は、荒れ狂う大海原! ぶつかりあう闘志、憎悪、歪んだ愛。母なる海を真っ赤に染める復讐戦の行方は――!

『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』は6月20日(金)丸の内ルーブル他全国ロードショー 3D/2D/IMAX3D同時公開

(C) 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC.

【参照リンク】
・『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/300movie2/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP