ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Ascend P7(P7-L10)はNTTドコモのspモードに接続可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、Huaweiの最新フラッグシップスマートフォン「Ascend P7」の欧州モデル(P7-L10)を入手したのですが、海外スマートフォンでは珍しく、NTTドコモのspモードに接続できました。大抵の海外スマートフォンはspモードのAPN(spmode.ne.jp)を選択しても接続できないので、NTTドコモ発行のSIMカードを利用してデータ通信を行なう場合は、mopera(openなど)を手動で追加すると思いますが、Ascend P7の場合は、SIMカードを挿すと「モバイルネットワーク」のAPNリストにNTTドコモのAPNが自動的に表示され、「spモード」を選択すると繋がりました。もちろん、3G/LTEのデータ通信も可能でした。これでmoperaの契約が不要になり(端末を複数持っている方はそうもいかないと思いますが・・・)、spモード決済なども利用できます。しかし、「ドコモメール」アプリといったspモード利用が必須のドコモアプリは利用できない模様でした。ちなみに、Ascend P7はロケールリストに「日本語」もあり、キーボードアプリは日本語入力に対応していました。



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Desire 816の新色“ピーチピンク”が台湾で発表、今月中旬に発売
Galaxy F “perfect golden”のプレス画像が流出
3Gに対応したLG-W105S/Lが韓国で認証を取得、LG G Watchのセルラーモデル?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP