ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エイリアンの如く“取り込む”イソギンチャクの捕食、一つの生命が最期を迎える瞬間

DATE:
  • ガジェット通信を≫


イソギンチャクと聞くと、海草のようにフワフワとした物体、植物のように認知されがちだが、実は魚や甲殻類をも捕食する生き物なのだ。
イソギンチャクとは、サンゴ亜網に属する生き物で、柔らかな身体を持つ無脊椎動物。この生き物は口の周りに触手に毒を持っており、獲物となる生き物が近づいてきてこの触手に触れると、そこから毒を注入し獲物を弱らせ、中央にある口で捕食するのである。
無理矢理逃げようとしても、イソギンチャクは自分の筋肉を自在に収縮させて毒で弱っている獲物を強引に取り込んでしまう。

グモモモ…
ヤツらの口に吸い込まれたら最後、まるでSF映画に出てくるエイリアンの捕食シーンのように、絶望的な時間だけが過ぎる。取り込まれてしまった生き物が、自分の最後の時を悟ったかのような表情が全てを物語っている。


グモモモ…
水中では今日も命のドラマが繰り広げられている。一つの生命が幕を閉じる瞬間、生命とは実に儚いものである。

(Written by 山岸)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
みんなのトラウマ!脅威の水棲生物「ジャイアントグリーンアネモネ」
戦慄!数千匹のヒキガエル軍団が大移動中!
【閲覧注意】インドの湖に大量発生しているナマズがやばい!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP