ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シュールな日本の仏閣写真 建立途中で放置された巨大仏頭も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ始まるブラジルW杯。本田圭佑の調子が心配とか、ディフェンスに問題があるとか、日本代表につきまとう不安は尽きないが、最後はもう神頼みしかない。そう、日本には八百万の神がいるのだ。そこで、単行本『ヘンな神社&仏閣巡礼』(宝島社刊)に紹介されている、ユニークな仏閣を3つ紹介しよう。仰天の神仏がミラクルを起こす!?

◆ハニベ巌窟院(石川県小松市)
 道祖神にしては大きすぎ。高さ15mもある仏頭。建立途中で放置され、30年もT字路を見守り続けている。

◆正雲寺大分別院(大分県由布市)
 大型バスも通れる「合掌ゲート」。お手々のシワとシワを合わせて「シ・ア・ワ・セ」(?)。

◆布袋大仏(愛知県江南市)
 踏切待ちなのでしょうか。それとも無類の鉄オタか。踏切と大仏のシュールなコラボ。

撮影■小嶋独観

※週刊ポスト2014年6月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
“おんせん県”命名でもめた大分と群馬 現在は良好関係に
すっぽん専門店のお取り寄せスープ 6缶入り190gで3150円也
日本全国の街中にニョキニョキ!バブル期に造られた巨大仏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。