ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『北の国から』大好き男 「子供の名前は純と蛍」と断固主張

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 誰しも好きなドラマや映画があるだろうが、それに影響されすぎてしまうのは困りもの。愛知県に住む女性Sさん(31才)は、夫(45才)があるドラマを好きすぎて困っているという。

 * * *
 14才年上の夫は、テレビドラマ『北の国から』の大ファン。結婚したばかりのときに、私が一度も見たことがないと言うと、古いビデオテープで全巻見せられ、「おもしろい」と言ったが最後、旅行先は北海道以外の選択肢はなし。

 ま、旅行なんか年に何回も行かないからいいけど、近所のラーメン店に入っただけでスイッチが入っちゃう。

「ラーメンといえばさ、札幌。札幌といえば…」って、何が何でも北海道、そしてドラマの名シーンに話をもってく強引さ。

 私が無視してようがおかまいなしで、名シーンをセリフ丸暗記していて再現するのよ。蛍(長女)が夜、キタキツネを呼ぶシーンなんか、何回聞かされたか…。

 でも、今いちばん困ってるのは、私のお腹の子の名前なの。名づけの話になると夫は決まって目を輝かせて、「ひとり目は男の子で『純』。次は女の子で『蛍』だな」って言って譲らないのよ。

 いい加減、話を合わせてるのも限界かも。

※女性セブン2014年6月26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし
ヨン様 いまでも会見に650人の日韓報道陣集める力
TVドラマ自主規制 強盗逃走場面でシートベルトやヘルメット

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP