ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『妖怪ウォッチ』にハマる大人達 カラオケやキャラ弁も人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在、小学生たちの間で爆発的人気を誇る『妖怪ウォッチ』。ニンテンドー3DS用ソフトに始まり、漫画、アニメなどのクロスメディア展開で、子どもたちの心をがっちり掴んでいる。

 そんな『妖怪ウォッチ』にハマっているのは、何も子どもたちだけではない。大人の間でもジバニャンやコマさんといったキャラクターが可愛いと、ハマる人が増えている。大学院生・ユキコさん(25歳)も、その一人だ。

「もともと、『妖怪ウォッチ』と同じく、レベルファイブが制作している『イナズマイレブン』が大好きで、その流れで『妖怪ウォッチ』もアニメから観はじめました。妖怪のキャラクターがとにかく可愛いことに加えて、エンディングテーマの『ようかい体操第一』という歌にハマってしまいました。

 子ども向けの作品だから、歌詞に『クソタイム~』とか『ウンコ』とか出てくるんです。こんなこと言っていいの? と思いながらもカラオケで踊りながら熱唱してストレス発散しています」(ユキコさん)

 またOL・サオリさん(28歳)も同作にハマっているという1人だ。

「私は『クックパッド』という料理のアプリでキャラ弁を検索している最中に知りました。凄く可愛いネコがいたので、『何このキャラクター?』と思って検索して、ジバニャンのキャラ弁を作ってみたのがきっかけです。

 最近ではスマホの無料ゲーム『ようかい体操第一パズルだニャン』にもハマっています。パズルゲームをしている間に『ようかい体操第一』が流れるのが楽しいんですよね。歌詞が意味不明なところも魅力です(笑い)」(サオリさん)

 元々はゲームからスタートした『妖怪ウォッチ』ブーム。ゲームをしない大人女性もハマる最大の理由は、キャラクターの可愛さにもあるようだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ようかい体操、妖怪メダル……妖怪ウォッチ人気が止まらない
小学生を虜にする「妖怪ウォッチ」 関連グッズが品切れ続出
妖怪ラテや妖怪焼きなどゲゲゲの街の“鬼太郎グルメ”

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。