ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

littleBitsがこれで本格楽器へ? 新モジュール発表で更なる拡張が!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電子ブロック的なモジュール・キット・シリーズ、Little Bits、このたびSynth Kitを拡張する新モジュールとして「midi」「cv」「usb i/o」の発表がなされた。

これは、日本時間の今朝未明、スペイン/バルセロナにて開催されている電子音楽の世界的な祭典、Sónar 2014にて発表されたもので、新モジュールは3種。

まず「MIDI」モジュールは、その名の通りMIDI信号を出力/入力するものでDAWやシーケンサーからのMIDI信号での演奏/同期に加えて、その逆、切り換えでlittleBitsをMIDIコントローラーとしても使用可能になる。

2つめは「CV」モジュール、こちらはモジュラーシンセなどのアナログ・シンセサイザーなどで採用されている信号で、Synth Kitを接続してコントロールが可能となる。もともとモジュラー・シンセ的な性格の強い、littleBitsがさらにそうしたシンセ・カテゴリーと接続することも!

そして3つめは「USB I/O」モジュール。これはSynth KitのサウンドをDAWソフトに直接録音したり、DAWからのオーディオをSynth Kitに取り込むことができるUSBオーディオ・インターフェース。AbletonやPro Tools、Traktor、Max/MSPなどのソフトとSynth Kitを統合することができる。現在の音楽制作機器に欠かせないインターフェイス=USBをlittleBitsシステムの中に組み込んだことによって、格段に「楽器」としての存在感を増すことになる。

オシレーターやエフェクターなど、直接音色関わるモジュールではないが、楽器として、音楽制作に使える幅が広がった。まさに「拡張」系モジュールとして、littleBitsへの注目を集めるものになるのではないだろうか。

日本での発売価格などは未定だが、随時下記の公式HPをチェック!
(河村)

littleBits新3モジュール公式告知ページ
http://jp.littlebits.com/bits/new-synth-modules/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP