ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

miwa、[Alexandros]、ケラケラ、AAA出演「LOVE in Action Meeting(LIVE)」開催、武井咲と羽生結弦もサプライズ登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日本赤十字社が、世界献血者デー(6月14日)に向けて若年層に献血を呼びかける「LOVE in Action Meeting(LIVE)」を、6月12日東京・日本武道館で開催した。

当日は、主旨に賛同したmiwa、[Alexandros]、ケラケラ、AAAと豪華アーティストが出演。イベントの途中ではトークゲストとして、2年連続で日本赤十字社はたちの献血キャンペーンキャラクターを務める武井咲が登場。またサプライズとして、男子フィギュアスケート選手の羽生結弦からのビデオメッセージがおくられるなど、会場となった日本武道館は大熱狂の夜となった。

イベントのトップを飾ったのは、昨年に続き2回目の参加となったmiwa。「Faith」を含む4曲を披露し、7月2日にリリースする「君に出会えたから」では、「みんなに歌って欲しい部分があります!」と会場を巻き込むパフォーマンスを披露。トップバッターにふさわしいライブで一気に会場のボルテージは高まった。

またmiwaのライブが終わると、男子フィギュアスケート選手の羽生結弦がビデオメッセージでサプライズ登場。「今、僕たち若い世代の献血者数が減っているそうです。献血について学んだことを、早速、友達や家族に話すところからアクションしてほしい」と羽生と同世代の観客らに呼びかけた。

続いて登場したのは、数多くの音楽フェスに登場し、高い人気を誇るロックバンド[Alexandros]。ステージに登場する4人の姿に、観客からは大きな歓声が沸き、注目の高さが伺えた。ライブでは[Alexandros]らしいダイナミックな演奏スタイルに合わせて、川上洋平(Vo、G)の持つハイトーンボイスに観客は総立ち。「Starrrrrrr」や「Adventure」を熱唱し、「献血は、思いが繋がっている。ラブレターみたいな感じかな。」と観客に向けて、献血への協力を訴えた。

MCトークのコーナーになり、武井咲がトークゲストで登場。武井も満員の観客を前に「すごーい!」と声を上げ、熱気に溢れる日本武道館の空気を楽しんでいた。

献血クイズにチャレンジすると「みなさんと勉強できる時間は大切ですね。」と笑顔でコメントし、「献血の現状を多くの人に知っていただき、協力して頂きたいと思います。」と献血への思いを語りった。

ライブに戻り、登場したのはケラケラ。このバンドの代名詞ともいえる「スターラブレイション」の前奏が流れると、観客は「キャーーー!」と興奮を抑えられない様子。ライブでは、MEME(Vo)が「何より献血の大切さを届けていきたい。」と本ライブへの意気込みを語り、観客と楽しめるよう手拍子や観客とタオルをまわすパフォーマンスで会場全体を盛り上げた。

ライブの最後に登場したのは、3回目の参加となるAAA。アニメ主題歌「Wake up!」を含む4曲を披露。最後に披露したのは、平成26年はたちの献血キャンペーンソングに起用されている「Love」。「LOVE in Action」と印字されたハート型のウィングハートが会場中を覆い、AAAならではの息の合ったパフォーマンスで最後まで会場を沸かせた。

豪華なメンバーが続々登場したステージに歓声と拍手が送られ、大盛況のままイベントは終了した。

LOVE in Action Meeting (LIVE)
2014年6月12日(木)日本武道館
【セットリスト】

■miwa
M1 441
M2 君に出会えたから
M3 Faith
M4 ヒカリへ

■[Alexandros]
M1 Run Away
M2 city
M3 Adventure
M4 Starrrrrrr

■ケラケラ
M1 Inst .
M2 スターラブレイション
M3 マシュマロ (Short ver.)
M4 Station (Short ver.)
M5 たこ焼きソング〜大阪で生まれたからって〜
M6 ろーりんぐでいず

■AAA
M1 SHOW TIME
M2 恋音と雨空
M3 Wake up!
M4 Love

関連リンク ■「LOVE in Action プロジェクト」公式WEBサイトhttp://ken-love.jp/
「LOVE in Action プロジェクト」携帯サイトhttp://ken-love.jp/m/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP