ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人黄金時代の5番手捕手が語る「プロで成功する秘訣」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球界は交流戦が花盛りだが、グラウンドで活躍する選手がいる一方で、ベンチを温める選手、ベンチにすら入れぬ選手がチームには存在する。スポーツライターの永谷脩氏が、常勝軍団・巨人の“第5の捕手”のエピソードを綴る。

 * * *
 今年のオールスターは西武ドーム(7月18日)、甲子園球場(同19日)で行なわれる。しかしこのところのオールスターは、今ひとつ盛り上がりに欠ける気がするのはなぜだろう。

 それは今の巨人に、「本当のスター」がいなくなってしまったからかもしれない。例えば1958年のオールスターには、巨人から藤田元司、藤尾茂、川上哲治、長嶋茂雄、広岡達朗、坂崎一彦、宮本敏雄、与那嶺要らが出場した。王貞治がいなくとも(翌年入団)、どこからでも本塁打が打てる迫力がある、まさに巨人の本格的な黄金時代が始まろうとしていた時だった。

 この年、島根出身の1人の捕手が巨人でデビューした。名を竹下光郎という。私にとってとても思い出深い選手である。その頃私は中学受験に失敗し、友人たちとぼんやり多摩川を眺めていた。河辺にはオハグロトンボが飛んでいる。眼下には巨人の練習グラウンドがあり、竹下はそこで汗を流していた。

 その時、グラウンド整備をしていたキーパーが、竹下に向かって顎をしゃくった。目線の先には、背の高い投手がいる。「受けてやれ」ということだ。土に正の字を書きながら、懸命に球を受ける竹下。30球を投げ終えたところで、その投手は「サンキュー」と言い残し、土手の際に停めてあった車に乗って去って行った。竹下はというと、土手沿いを合宿所に向かってブラブラ歩き始めた。

 我々は年齢の近いプロ1年生がなんだか不憫になり、彼に同行した。私が、なぜそこまで差がつくんですかねと聞くと、彼はニヤリと笑いながら言った。

「巨人には常にスターと控えがいる。俺のような5番手の捕手なんて“壁”みたいなもんさ」

 そして「プロで成功するにはどうすればいいと思う?」と聞いてきた。わからず首を振ると、

「意地が悪くないとダメなんだ」

 静かでゾッとする言葉だった。

 合宿所が見える頃、「じゃあな」と竹下は手を挙げた。こちらも立ち去ろうとすると、

「何か落ち込んでいるみたいだな。ガンモとちくわぶ、1本ずつ食べていけや」

 こう言って、川沿いの屋台でおでんをおごってくれた。

 竹下はそれから1年後に巨人を去る。その後消息をつかめないでいたら、1960年5月のスポーツ新聞に、首位打者としてデカデカと名前が載っていた。近鉄に移籍しており、その年にはオールスターにも選ばれている。しかしオールスター出場はこれ1回のみで、その後6年間近鉄で過ごした後、引退した。

 今でも時々思うことがある。あの時、帰りかけた我々を呼び止め、おでんを食べさせてくれた竹下の心境は、いかなるものだったのだろうか。巨人の中で自分の立ち位置を見つけられていたのか、それともすでに新天地で違う道を選ぼうとしていたのか―─。当時の巨人には、藤尾、森昌彦といった錚々たるメンバーがいただけに、もう立場を理解していたのかもしれない。

 巨人が多摩川で練習していた頃は、土手ファンと呼ばれる熱狂的なファンがフェンスを囲み、中にいるスター選手に声援を送っていた。一方ブルペン脇には、人知れず投手の球を受け続ける選手たちもいた。彼らは優しかった。練習が終わると土手を一目散に走って帰ってしまうスターとは違い、いつもブラブラ歩きながら、川の対岸にある合宿所まで帰る彼らは、我々子供たちにも話しかけてくれる。

 フェンスの中の大スター・ONよりも、手を繋いで一緒に帰ってくれた“竹下のお兄ちゃん”のほうが、我々には「大スター」だった。オハグロトンボを見ると、いつも彼を思い出す。

※週刊ポスト2014年6月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人・澤村と交際の日テレ森アナ グラウンド内取材は自粛中
原監督と江川氏 ゴルフ会員権売買巡り“犬猿の仲”になった
「巨人の選手は東京ドームの本塁打の打ち方を熟知」と専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP