ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人戦中継 「全国区」の看板失い視聴率低下歯止めかからず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巨人戦中継の視聴率不振は今に始まったことではない。かつては毎試合放送されていたナイター中継は、2006年から徐々に減少。半世紀以上中継を続けている日本テレビも、昨年の地上波ナイター放送はわずか7試合にとどまった。

「巨人人気=全国区」だったのも、今は昔。巨人ファンの比率が高かった北海道や仙台には、日本ハムと楽天がフランチャイズを構え、地域の人気を独占しつつある。その証拠に、今年の日本テレビはナイター6試合、デーゲーム 14試合の中継を予定しているが、全国ネットは合わせて8試合のみ。そのほかの12試合は関東ローカルで放送される。

 昨年もナイター7、デーゲーム16と同じような試合数だったが、すべて全国ネットだった。なぜ全国ネットが減ったのか、テレビ局関係者が話す。

「全国ネットで放送しても、地方は特に広告が入りにくいから、関東ローカルになってしまうのは仕方がないでしょう。たとえば、仙台で同じ時間帯に楽天戦があれば、仙台市民がどちらを見るかは言わずもがなですし……」

 今年、“全国区”という看板を失った巨人戦中継の視聴率は、さらに低下している。

「開幕戦は10%とギリギリ2ケタに乗せたが、以降の試合はすべて1ケタ(6月7日現在)。テレビ番組全体の数字が落ちているので、ゴールデン帯で1ケタは珍しい現象ではありません。ただ、数年前8%前後取っていたデーゲーム中継も、今シーズンは4%台が多い。半減に近い数字になっています。

 さらに、NHKのナイター中継で9.7%(5月17日土曜の広島戦)を記録してしまった。これは、衝撃的です。NHKは19時からの『ニュース7』の視聴率が高いため、直後に始まる巨人戦も、昨年までは2ケタに乗っていました。巨人戦の視聴率が下がったと言われ始めた後でも、NHKだと15%前後を叩き出すこともあった。実際、ちょうど1年前、5月18日の西武戦では13.7%だった。それが、1ケタですからね……。全国ネットが減った影響が如実に出ていると思いますよ」

 日本テレビ関係者も、こう落胆する。

「今年の巨人戦中継の数字は例年以上に良くない。日テレがナイター中継した5月26日(月曜)の日本ハム戦は8%、28日(水曜)の楽天戦は6%しか取れなかった。視聴率三冠王を狙う局にとって、相当痛いはずです。月曜は通常通り、『有吉ゼミ』『世界まる見え特捜部』を放送すれば、2ケタを計算できますから。

 水曜は19時台の『1番ソングSHOW』が不振だから、編成がナイター中継に踏み切ったのでしょうけど、まさか6%とは予想もしていなかったと思います。20時台の『笑ってコラえて』は確実に2ケタ取れるコンテンツですし……。“制作スタッフが1週分英気を養えた”とプラスに考えるしかありません」

 突然に思える5月末の2試合の中継のウラには、こんな理由も見え隠れする。

「月曜と水曜に巨人戦をナイター中継したのは、27日の火曜にサッカー日本代表試合(キプロス戦)の放送があり、数字を計算できたという背景も否めない。実際、W杯に向けて視聴者の関心は高かったようで、視聴率は22.5%を記録して、巨人戦の6%と8%をカバーしました。ただ、毎回こうもいかないでしょうし、巨人戦中継は正念場を迎えていますね」(同前)



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人戦中継がフジテレビやTBSに偏り、テレ朝にはない理由
生え抜き多い今の巨人なら地上波で視聴率稼げるとTV局関係者
日テレ巨人戦中継 全国ネット激減で今年は野球人気の分岐点

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP