ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

羽生結弦 アイスショーで高橋大輔とのコラボが意味するもの

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月7・8日の2日間にわたって千葉・幕張メッセで行われたアイスショー『ファンタジー・オン・アイス』。休養宣言したばかりの浅田真央(23才)は出場しなかったものの、羽生結弦(19才)をはじめ、高橋大輔(28才)、安藤美姫(26才)ら国内のスター選手だけでなく、ハビエル・フェルナンデス(スペイン・23才)、ステファン・ランビエール(スイス・29才)ら海外の一流スケーターが集結し、観客を熱狂させた。

 オープニングでは、スケーターが次々に紹介されながらリンクに上がりきると、ゲストの郷ひろみ(58才)が登場。『2億4千万の瞳』の熱唱に合わせて、スケーターらが息のあった群舞を披露。会場は歓喜の渦に包まれた。

 羽生は郷の大ヒット曲『言えないよ』でのパフォーマンスを披露したほか、トークコーナーでの高橋とのコラボが話題になっている。

「登場から飛ばしてました。ユヅと大ちゃんが両手を使ってハートマークを作ってステージに現れたからみんな大爆笑でしたよ。夜公演の時はふたりとも気持ちが昂ぶっていたからか、ユヅが大ちゃんをお姫様抱っこしているようなポージングで登場したんですが、これには女性たちが一斉に悲鳴を上げてましたね(苦笑)」(ファンのひとり)

 実はこのコラボには深い意味があった。

「男子フィギュア界のなかでも羽生選手と高橋選手は桁違いの人気。それゆえ高橋選手の古参のファンと羽生選手の新参のファンが、ツイッター上で互いを非難し合うなど、長くファン同士の間で確執があったんです。でも今回のコラボを見た双方のファンは、同じように笑うことができたと聞きました。羽生選手と高橋選手がそれを狙ったのかはわかりませんが、ふたりのユーモアが彼女たちの心を軽くしたのは事実でしょう」(フィギュア関係者)

 全演目が終了した後、スケーター全員が再びリンクに。郷の『GOLDFINGER』でエンディングを迎えた。

※女性セブン2014年6月26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
羽生結弦ファンになった愛子さま「写真ほしい」と友人に相談
羽生結弦 恋人との噂ある今井遥との共演にファンヤキモキ
プルシェンコ振付師に日本人抜擢 背景に高橋大輔への高評価

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP