ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャニーズファンのファンサ獲得の工夫 花冠やカンペうちわ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“ブサイク”キャラを売りにしている「Kis-My-Ft2」や、関西ジャニーズJr.からデビューしたばかりの「ジャニーズWEST」など、ジャニーズ事務所のグループが次々とブレイクしているが、ファンもこれに負けてはいない。

 コンサートでメンバーからの「ファンサ(※ファンサービス)」をゲットすべく、いかに“目立つか”に命がけのファンも多いという。そんなジャニーズファンの中でも、「ファッションやアピールの仕方には流行がある」と話すのは広告代理店に勤務するマリエさん(25歳)だ。

「私が応援しているHey!Say!JUMPのファンの中では、「双子ちゃんファッション」をする子が多いですね。双子ちゃんファッションというのは、2人組でお揃いの可愛い格好をしてコン(※コンサート)に参加すること。可愛いとメンバーが自分を見てくれるという意識と、ただ単に可愛い格好をするのが楽しいという自己満足パターンと、両方あると思います。

 少し前はキャバ嬢みたいな盛り髪とか、メンバーカラーの巨大なリボンを頭につけるのが流行っていました。特に最近は、“花冠”を付けるのが流行っているんです。フェアリーっぽくて可愛いですよ」(マリエさん)

“花冠”とはその名のとおり、小花を編み込んだ頭部を囲む冠のこと。これが若いファンの間で流行っているという。“フェアリーっぽい”とは、パステルファッションなどで身を包む「妖精っぽい」ファッションのことだ。

 また女子大生・アキコさん(22歳)は、ジャニーズファンの定番応援アイテムである、うちわに工夫しているファンもいるという。

「ジャニーズのコンサートは、持ち込んでいいうちわのサイズが規格として決まっています。そのサイズで手作りのうちわを作るのですが、先日見たのはうちわのサイズにスケブ(※スケッチブック)を切り抜いて、そこにテレビ局のカンペのようなものを書き込んでいる子です。

 メンバーが近づいたら、そのカンペを1枚ずつめくって、まるでストーリーのように読ませるという(笑い)。斬新すぎて、一瞬メンバーがビックリしていました」(アキコさん)

 ジャニーズファンの応援も、時代と流行に合わせて進化し続けているようだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『同電』『受け』『担降り』など ジャニーズJr.用語を解説
ジャニーズタレントから相手される「ファンサ」獲得する方法
ジャニーズファン独特ネイル 二宮和也風や「鮭・鮫・蝉」等

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。