ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田中将大と斎藤佑樹 ライバルといわれること好まず毛嫌いか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8年前夏の甲子園で優勝した早稲田実業のエース斎藤佑樹は「ハンカチ王子」として全国区の人気者となり、早大進学後も勝負強さから「持っている男」と言われたが、現在は日本ハムで二軍暮らしが続く。一方で準優勝に終わった駒大苫小牧の田中将大はニューヨーク・ヤンキースで活躍中だ。今やメジャーで活躍する田中にとって、斎藤はすでに眼中にないかもしれない。しかし彼はかつて、確かに斎藤へのライバル心を見せていたことがあった。

 斎藤がドラフトで指名される2010年、田中はこんな言葉を残している。

「いつまで“ハンカチ世代”っていわれるんでしょう。プロでも同じ年の選手に負けてはいけないと思っています。トップでいたいです」

 そこには、「自分はプロで実績を残し、斎藤よりも優れている」という自負が感じられる。

 しかし現在では、両者がライバル関係といわれることを、あまり好まない。むしろお互いに毛嫌いしている感すらある。

 斎藤は先日放送されたNHKのドキュメンタリー番組で田中について聞かれ、こう不満を露わにした。

「(田中は)同世代の1人ですし、すごいことには変わりはないです。ただ正直、僕がプロでこれからやっていくことに対して、あまり関係がない」

 正論であり、斎藤の本心であろう。しかし世間はそうは見ない。例えるならば桑田・清原の「KKコンビ」のように、同世代の両者はたとえ引退後であっても、ライバルとして見られ続けるのは間違いない。

 8年前と今では、180度変わってしまった両者の運命。しかし、今年26歳になる彼らの野球人生はこれからも先は長い。野球評論家の村田兆治氏は、斎藤に向けてこう助言する。

「打たせて取るピッチングを目指すにしても、下半身で投げなければ話にならない。低めに制球された球を打たせるには、投げた後に低い姿勢となるフォームが作れるかどうかが問題。ここを修正すれば、まだ期待は持てる」

 斎藤は再び立場が逆転できるか。それができれば、確かに“持っている”男になれるのだが──。

※週刊ポスト2014年6月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
祝優勝! ハンカチ王子・斎藤佑樹が大好きな人のための写真集
斎藤佑樹の年俸は田中将大の5日分 上回るのは学歴程度の評
高3夏の甲子園で活躍した投手はプロ野球で大成しにくいのか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP