ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

書籍上梓の人気居酒屋「西尾さん」多数の予約電話に丁寧対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 JR新宿駅から歩いて10分ほど、よほど注意していないと見過ごして通り過ぎる角地に、時代から取り残されたような小さな建物がある。狭い階段を地下へ下りていくと、真っ白なコック服に身をつつみ、笑顔で迎えてくれるのが、居酒屋『西尾さん』を経営する西尾尚さん(57才)だ。

 西尾さんは、中学卒業後、寿司店で7年間修業、その後、大学の生協食堂や居酒屋『楽(現・汁べゑ)』などに勤務し、2004年、独立して新宿3丁目に『西尾さん』を開店。そして、自らの人生を語った『居酒屋「西尾さん」のぬくもり酒」(光文社/1728円)の著者でもある。

 17時からの開店に備えて、仕込みに大忙しの午後、ひっきりなしに電話が鳴り、「あいにくその日は満席でして」のお詫びが繰り返される。

「居酒屋ですから、本当はふらりと立ち寄っていただきたい。でも16席しかありませんし、時間制限もないのでいつお席が空くかもわからない。だから、ほとんどのお客さんは電話か、帰るときに次回の予約をしていかれます」

 お断りすることも多いからこそ、電話では丁寧に応対するし、予約が取れた人は、「〇〇様御予約席です」と書いた経木の名札が迎えてくれる。席に着いた客は、注文の料理を自分で紙に書いて渡す。場合によっては、飲み物はセルフサービスだ。というのも、仕入れから仕込み、調理、接客すべて、西尾さんがひとりで切り盛りしているからだ。

「ここに店を持ったのは、10年前でした。開店初日にみえたのは、たった1組4人だけ。家賃払えるかな、と思ったんですが、いつの間にか予約でいっぱいになるようになったんです」

 テレビでも何度か紹介されたというのに、西尾さんの態度も口調も控えめ。そんな姿勢と笑顔。それに「静岡おでん」(1串140円)や毎朝仕入れる「生しらす」(1皿626円)など個性的なメニューと、そのおいしさがあいまって人気なのだ。

「私の出身地である静岡のおでんは、器に盛ったおでん種に汁の上からだし粉をかけて食べるんです。これが、東京では珍しい、おいしいといわれて、冬だけではなく、一年を通して店の名物になりました」

「生しらす」は、鎌倉市の腰越漁港に水揚げがあれば毎日必ず自分で仕入れに行く。飲み物では「先斗割」が人気だ。

「先斗割は、京都の老舗昆布屋で買う、ぬめりのない昆布をたっぷり入れた焼酎のお湯割りです。この昆布を見つけ出したのは、うちの奥さんなんですよ」

※女性セブン2014年6月26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
定時帰宅の日テレ・西尾アナ フリー転身で「年収10倍」説も
西尾由佳理アナ 番組パートナー大塚範一アナの食事誘い断る
食器のつけおき洗いやフローリングの掃除に使える米のとぎ汁

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP