ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アナ雪主題歌 映画を観てない層にも浸透しカラオケでも人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大ヒット中の映画『アナと雪の女王』。同作のテーマソング『Let It Go』も大人から子どもまで人気を博しており、映画館で皆で歌うイベントも大盛況だ。

 そんな中、「ブームに乗っかりたくない」と話す女性・リエさん(22歳)ですら、このテーマソングにはすっかり魅了されてしまっているようだ。

「周りがアナ雪ブームに便乗してカラオケで歌ったり、映画館でみんなで歌うイベントに参加したりすると聞いて『ちょっと気持ち悪いな』、と思っていたんです。だから映画も観に行ってませんし『私そういうのに乗っからないから』というスタンスだったんですよ(笑い)。

 でもどうしても歌が頭から離れなくて、YouTubeで検索して覚えて、ヒトカラ(1人カラオケ)で熱唱してしまいました。みんなでカラオケに行って歌うのは嫌だけど、1人でこっそり歌うというのは結構快感で、すでに3回くらい行っています」(リエさん)

 女性だけでなく、男性の中にもに魅了されてしまった人は少なくない。IT系企業に務める男性・サトルさん(27歳)は、同居する男性と2人でカラオケに行き、主題歌を熱唱したという。

「同居人と2人でカラオケにいって、2人で『あれ歌おうぜ』と照れながらも選曲。でも曲が始まった瞬間、すぐに松たか子になりきって熱唱していましたね。

 映画は観てないですけど、よく流れているから覚えちゃいます。男2人で『ありの~ままの~』とか歌ってるって、ちょっと不気味でしたけど楽しかったですよ(笑い)」(サトルさん)

 アナ雪人気は、映画を観ていない層まで浸透しているようだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阪神ファンが「来年こそ優勝や!」と叫ぶに最適なカラオケ店
東京六本木のカラオケ店 料理の充実に加えて足湯も楽しめる
ラブホ利用夫婦 備え付けのカラオケに熱中して制限時間終了

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP