ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

JiLL-Decoy association、EGO-WRAPPIN’森雅樹とのコラボで初のSKA曲をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年発売したアルバム『ジルデコ5』が第55回日本レコード大賞・優秀アルバム賞を受賞し注目を集めた“ジルデコ”ことJiLL-Decoy associationが、今年新たにビクターエンタテインメントに移籍。秋頃発売予定のアルバムに先駆けて、ジャズをキーワードにポップな活動を続けてきた彼らとしても初の試みとなるSKA曲「光の子どもたち」を、6月18日にデジタルシングルとしてリリースする。

本作にはなんと、EGO-WRAPPIN’のギタリスト・森雅樹がSKAアレンジとリズムギターの演奏で参加。そして、ホーンアレンジと演奏でも、同じくEGO-WRAPPIN’でお馴染みのサックス・武嶋聡率いるホーン隊が参加するという鉄壁の布陣だ。

森が他アーティストのアレンジをするのは今回が初めてとなり、ジルデコとEGO-WRAPPIN’という個性派アーティスト同士のコラボは話題になりなりそうだ。

ジルデコのヴォーカル・chihiRoは、「ライヴバンドであるジルデコが、音楽ファンやライヴイベントに来てくれるオーディエンスのみんなともっともっと一体になれるような曲を作りたいと思い、SKAというリズムにトライしました。タイトルの<子どもたち>というのは、ライヴを楽しんでいる笑顔の大人達を愛おしく思い、“子ども”に例えて歌っています」と話す。

小粋で優雅なジルデコ流SKAとchihiRoの優しく前向きな歌声に、大人達も思わず心と体を踊らせてしまうような、今年の夏一番素敵なアンセムソングが誕生した。

さらに、この「光の子どもたち」をひっさげてのワンマンライヴが、7月19日(土)に東京・六本木ブルーシアターで開催される。これまでの活動史上最大規模のライヴでもあり、高い演奏力やアレンジ力によって音楽的な楽しさと愛にあふれたステージングに評判の高いジルデコが、どんなステージを見せてくれるのか、楽しみにしていよう。

配信限定シングル「光の子どもたち」
2014年6月18日配信
<収録曲>
1. 光の子どもたち
2. 光の子どもたち(Instrumental)
※iTunes他、音楽配信サイトにて配信

「光の子どもたち」(F.O. version)
http://youtu.be/c-g2–TSJx4

『JiLL-Decoy association in concert 2014~ジルデコ スペシャル・ホール・ワンマンライブ~』
7月19日(土) 東京・六本木ブルーシアター
http://www.blue-theater.jp/
※六本木ヒルズ側からは入れません。<鳥居坂>側からご入場下さい。
開場 17:00 / 開演 18:00
全席指定 ¥5,800 (税込)
※入場時、別途ドリンク代必要
※未就学児童のご入場不可
各種プレイガイドにてチケット発売中
(問)キョードー東京 0570-550-799 http://kyodotokyo.com/

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
JiLL-Decoy association オフィシャルサイト
EGO-WRAPPIN'、新曲「Neon Sign Stomp」MVフル公開&アナログ盤リリース決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP