ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリエイティブなTシャツを!登録会員のイメージデータを“拝借”して作製

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オリジナルTシャツを作製できるサービスはたくさんある。しかし、このほどiOSアプリをリリースしたニューヨーク拠点の「SeeMe」は、よりユニークで独創的なTシャツを作るためのものだ。

SeeMeでは、メンバー同士がクリエイティブな写真などのイメージを共有し、それを元にTシャツを作製できる。

SeeMeのサイトを見てもらったらわかると思うが、オリジナルでユニークなイメージが多数アップされている。アートなオブジェや、動物のかわいい表情、美しい自然風景など、さまざまなタイプのものがある。

そうしたイメージを見て気に入ったものがあったら、そのデータを“拝借”し、Tシャツが注文できる仕組みだ。もちろんレイアウトなどは調整できる。

このサービスはウェブで先行し、登録ユーザーはすでに世界中で100万人を超えているので、国や文化にとらわれない斬新なものが発掘できそうだ。また、このサービスの醍醐味は、データを“拝借”するだけではなく、自身もデータを提供する側に回れることにもある。

自身が撮った写真や作成したグラフィックスが、世界のどこかで誰かのTシャツに使われるというのは、これはなかなか面白いのではないだろうか。

Tシャツの作製代金は32ドル。うち6ドルがイメージ提供者に支払われる。ちなみにSeeMeでは、Tシャツだけではなく絵はがきも扱っていて、こちらは3ドルかかる(イメージ提供者には1ドルバック)。

アプリのダウンロードは無料。

SeeMe

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP