ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

重要な会議中。どうしてもトイレに行きたいときの切り抜けかた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


毎日仕事をしていくなかでありがちなピンチのシーン、そんなときの上手な解決法を紹介します。

ストレートに言う
我慢するのは体に毒。会議中落ち着かないし、それでは参加している意味もありません。
ストレートに「すみません! トイレに行ってきます」と断りトイレに行くのもアリですが、いつまでも新人気分か…などと評価を下げてしまう場合も。
スマホを小道具にする
鳴ってもいないのに、スマホを耳に当て「もしもし…。いま会議室なので外に出ますね」と、架空の会話をしながら外に出ます。
演技をやりきれる自信があるなら、スムーズに外に出ることができるでしょう。しかし、会議中に電話に出ることがマナー違反だと思われる可能性も高いので注意です。
理由を言わずに小声で「ちょっと出てきます」
どこに行くかを伏せて、上司や隣の人に小声で「すみません、ちょっと出てきます」と一言断り、軽く会釈をしながら会議室を出ます。
「会議に必要な物を忘れたのかな?」などと思ってくれるでしょう。理由がわからなければなにか言われることはないですが、後から事情を話してお詫びをすることを忘れずに。
【これで解決!】会議前にトイレに行く習慣を

無料アプリ『着メロ設定アプリ~くまモンと楽しむ着信音~/KUMATTO♪(Android)』
かわいいくまモンが知らせてくれれば、会議も楽しみになるかも。
行きたい、行きたくないに関わらず、会議の前に必ずお手洗いに行くことを習慣づけましょう。
気づいたら会議がはじまる時間になっていた、なんてことのないように、スケジュール管理アプリなどを利用して、余裕のある時間のつかいかたをしたいですね。
Colorful toilet paper rolls image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
ボーナスを散財しない、無駄遣いストップの習慣
苦手意識を克服! いまさら聞けない職場の電話対応
取引先の名前が思い出せない! 大ピンチの切り抜け方

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP