体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

申請手続をサポートし、日本コンテンツの海外発信を支援する助成金「J-LOP」ジャパン・コンテンツ海外展開事務局 市井三衛氏、小山早苗氏インタビュー

申請手続をサポートし、日本コンテンツの海外発信を支援する助成金「J-LOP」ジャパン・コンテンツ海外展開事務局 市井三衛氏、小山早苗氏インタビュー
申請手続をサポートし、日本コンテンツの海外発信を支援する助成金「J-LOP」
ジャパン・コンテンツ海外展開事務局(J-LOP事務局)事務局長 市井三衛氏、広報 小山早苗氏インタビュー

ジャパン・コンテンツ海外展開事務局(J-LOP事務局)
事務局長 市井三衛氏 広報担当 小山早苗氏
クール・ジャパン戦略の一環として、総務省と経済産業省が昨年3月より実施している「ジャパン・コンテンツ ローカライズ&プロモーション支援助成金(J-LOP)」。”日本ブームの創出”を目的に日本のコンテンツの海外発信を総合的に支援するもので、映像素材のローカライズ支援(字幕、吹き替え等)、プロモーション支援(PRイベントの開催、見本市への出展・参加等)を実施。

既に3,000件以上の申請がされ、多くの交付事例もある同助成金だが、申請や審査が繁雑なのでは? と一見とっつきにくそうな印象がある。そういった不満を少しでも解消し、スムーズな助成を行うために様々なサポートを行っているのがジャパン・コンテンツ海外展開事務局(J-LOP事務局)だ。企画のアドバイスから、必要書類のレクチャーまで、煩わしい部分を噛み砕いて事業者を支援する体制をとっている。同事務局 事務局長 市井三衛氏、広報担当の小山早苗氏にお話を伺った。


参考資料
J-LOPウェブサイト:http://J-LOP.JP/
J-LOP説明会のお申込みページ:http://J-LOP.JP/exp/
J-LOP支援事例紹介:j-lop.jp/wp-content/uploads/J-LOP_PRESS_RELEASE1212.pdf

総額約155億円の助成金で日本のコンテンツを世界市場に ●J-LOP事務局とはどのような団体なのでしょうか?

市井:昨年の3月にNPO法人映像産業振興機構(VIPO)内に設置された、日本のコンテンツの海外展開を支援する助成金「ジャパン・コンテンツ ローカライズ&プロモーション支援助成金(J-LOP)」の基金管理団体です。日本には海外で人気のある魅力的なコンテンツが豊富にありますが、その魅力を産業に転換して、経済再生・活性化することが必要です。そのために、政府は「クールジャパン戦略」として多くの施策を実行しています。

このクールジャパン戦略の中で、コンテンツを活用して日本ブームをどのように創出していったらいいか、というときに、日本の魅力を効果的に発信し、海外流通を促進するためにはビジュアルに訴えかけるのが、一番わかりやすいだろうということで、映像を中心に「ローカライズ支援」「プロモーション支援」を実施することになりました。助成金は両方合わせて総額約155億円になります。昨年スタートしたときには、申請期間は今年の2月末までの予定だったのですが、1年延び、2015年3月までに交付が決定した事業が対象となりました(申請締切は2015年2月末)。日本ブームの創出には継続することが重要だと思っておりますので、更なる延長のための効果測定も平行して行っております。

●ブームの創出のためにも事例を増やすことを推進したいですよね。

市井:約155億円という総額のもと助成していますから、コンテンツは数多く出るようになりましたが、それが実際に海外で放映されるなどして、日本ブームにつながり、他の産業に影響を与えるにはまだまだ時間がかかると思います。この予算は今年度で消化される予定ですので、我々としては、新しい予算をより長い期間、妥当な金額を出してもらうべく所管官庁等と話し合っていきます。

●音楽ですとどのようなケースが対象になりますか?

1 2 3 4 5次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。