ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【NY最新レポ】 日本にも進出 パンケーキ「サラベス」本店も日本人たくさん!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ・ニューヨークで“ニューヨークの朝ごはんの女王”の称号を与えられた「サラベス」。海外で初めて出店した東京の新宿と代官山の店舗は連日長蛇の列で、その盛況ぶりが話題になっています。
サラベスの本店は、ニューヨークの高級住宅街で知られるアッパーウェスト。200年の歴史を持つヒットして一躍、話題のパティシエになったサラベスさんによるレストランです。この本店に先日、数年ぶりに足を運んで驚いたことが、店内のほぼ半数以上の客が日本人だったことで、しかもその手には「るるぶ」などの旅行ガイドブック。日本でのブームが逆にニューヨークまで及んでいるのを目の当たりにしてしまいました。
ともあれ、今でもニューヨークを代表する朝食スポットには違いなく、おとなしく案内されたテーブル席につき、Lemon and Ricotta Pancakes with Fresh Berries and Maple Syrup(レモンリコッタパンケーキ、16ドル)と紅茶をポットで注文。ほどなく運ばれてきたパンケーキをメイプルシロップなどで味わうと、さすが本場らしく、そのおいしさには大いに納得した次第です。
平日朝10時半ごろだったからか、行列もなくて空いていて、スタッフのサービスも良かったです。このパンケーキは15時ごろまでのメニューなので、夕方以降のメニューにはないのでご注意を。

Sarabeth’s
http://www.sarabeth.com/(英語)
サラベス 日本サイト
http://www.sarabethsrestaurants.jp/
(Written by AS)
※記事と画像の無断転載を禁じます

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【NY最新レポ】 タイムズスクエアのニセ“着ぐるみ”集団 元気に活動中
【台北 最新レポ】 宮崎アニメのモデル? 「九份」が日本人だらけ!
【NY最新レポ】「世界の中心で、愛をさけぶ」プロジェクトは定着するか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP