ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食後のごろ寝はよくない? 医師「消化助けるにはむしろ◎」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 まことしやかにささやかれる健康の常識。「聞いたことがある」というだけで信じていませんか? その思い込み、本当に正しいのだろうか。

 たとえば「水をたくさん飲めば、血液はサラサラになる」という説。「脱水症状になると血液はドロドロになると聞きます。ならば、水をたくさん飲んだほうが血液はサラサラになるのでしょうか?」(43才・営業事務)などという声も聞こえてくる。『世界一受けたい授業』などでも活躍する、内科専門医、循環器専門医の池谷敏郎さんはこう説明する。

「極度の脱水状態でもない限り、脱水によって血液がドロドロになることはありません。したがっていくら水を飲んでも、血液はサラサラにはなりませんが、長時間のサウナとか水分補給しないで運動する際には、事前に水分と少量の塩分補給は忘れないでください」

 また「食後のごろ寝はよくない」なっていうこともよく言われているが、実際のところはどうなのだろうか。

「食物を消化し栄養分を蓄えるためには、胃や腸、肝臓に血液を送らなければなりません。ところが、食後すぐに動いてしまうと血液が脳や筋肉に奪われてしまいます。また、運動で交感神経が優位になると消化管の機能が落ちます。ただし胃酸が食道へ逆流する“逆流性食道炎”の場合には症状悪化の原因になるので注意」(池谷さん)

 卵についてはこんな意見もある。「卵が大好きで、1日に2~3個食べることもあります。卵はコレステロール値を上げるので、食べるなら1日1個までと聞いたことがありますが、大丈夫でしょうか?」(43才・派遣)。卵は1日1個までがいいのだろうか?

「卵の黄身にはコレステロールが多く含まれていますが、コレステロールの多くは体内で合成してつくられるので、卵を食べてもコレステロール値が異常に上がるということはありません。逆に、卵は良質なたんぱくやミネラル、ビタミンを含むので、1日2~3個なら問題なし。ただし、高脂血症のリスクがある人は、定期的に血液検査を受けるなど、医師に相談を」(池谷さん)

※女性セブン2014年6月26日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
コレステロール「善玉/悪玉」の分け方ははっきりいって乱暴
コレステロール値がかなり高くても健康に問題はないとの新説
「70歳超のコレステロールは下げてはいけない」と米医療協会

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP