ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google I/O 2014のAndoridアプリがリリース、基調講演やセッションのライブ配信にも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが6月25・26日に米国・サンフランシスコで開催される開発者カンファレンス「Google I/O 2014」の公式Androidアプリをリリースしました。このアプリでは、今年のGoogle I/Oの基調講演やセッション・サンドボックスなどイベントのスケジュール、概要、会場内における開催場所を確認したり、各セッションを自身の予定リストに組み込むことができるほか、Google+に投稿されたGoogie I/O関連の投稿や基調講演・セッションのライブ映像を視聴できるようになっています。アプリはGoogle I/Oに参加する方もそうでない方も利用できるものとなっていますが、今年バージョンでは、参加者モードと非参加者モードが選択でき、非参加者モードにすると不要と思われる機能が無効になり、アプリが使いやすくなります。設定はアプリ初回起動時のメニューや設定で切り替え可能です。今年バージョンはアプリUIのリニューアルが行われています。表示が綺麗になって見やすくなり、スライドメニューが追加されて操作しやすくなりました。Google I/Oでは基調講演やセッションの模様は生中継されますが、その映像はGoogle I/Oの公式サイトではもちろんのこと、本アプリでも視聴できるようになっています。ライブ映像だけではなく、録画映像も視聴できます。「Google I/O 2014」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
スマートフォン向け放送局「NOTTV」は7月1日より有料2チャンネル+無料2チャンネルに変更、無料チャンネルは契約無しでも視聴可能に
Sony、Xperia Z2 Tablet用のBluetoothキーボード付きケース「BKC50」の発売を6月27日に延期
Googleは「Quantum Paper」でWEBサービスやモバイルアプリのUI刷新を計画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP