ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界サッカー史上最大の敗北を詳細に記したノンフィクション

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『マラカナンの悲劇 世界サッカー史上最大の敗北』沢田啓明著/新潮社/本体1500円+税

【評者】鈴木洋史(ノンフィクションライター)

〈世界のどの国にも、未来永劫、癒されることのない悲しい国民的記憶がある(中略)ブラジル人にとって(中略)それは一九五〇年の自国開催ワールドカップにおけるウルグアイ戦の敗北である〉

 本書の冒頭に引用されたブラジルのある劇作家の言葉だ。

 64年前、大戦後初の大会として、第4回サッカーW杯ブラジル大会が開催された。当時のブラジルはまだ「王国」ではなかったが、前回大会で3位となり、その時が初の自国開催であるだけに、初優勝への国民的期待が高まっていた。

 本書は、現地の新聞報道など千点以上の活字資料、テレビ放送がなかった時代に撮られた貴重な映像資料などを渉猟し、数少ない存命中の当時の選手にインタビューを行ない、〈悲しい国民的記憶〉を詳細に再現した決定版的ノンフィクションである。

 大会に参加したのは13か国で、1次リーグを勝ち上がったブラジルなど4か国が決勝リーグに進んだ(当時はW杯の黎明期で、大会方式は今と違っていた)。その第2節を終えて優勝の可能性があるのは、スペイン、スウェーデンを大差で破ったブラジルと、その2か国と僅差の勝負を繰り広げて1勝1分のウルグアイ。

 相手は第1回大会優勝国とはいえ、国土も人口も経済力もはるかに劣る小国。しかもホームゲームで、引き分けでもいい。決勝戦となったウルグアイ戦を前に、ブラジル中が「優勝間違いなし」と信じた。

 その高揚感は半端ではない。試合直前までひっきりなしに取材陣が選手宿舎を訪れて優勝前提の取材を行なう。企業や金持ちが「優勝すれば高級時計や土地をプレゼントする」と申し出る。数か月後に行なわれる大統領、上下院議員、市会議員の統一選挙の候補者が宣伝のために選手との記念写真を撮りにくる……。

 試合当日にも、大統領候補がマスコミを引き連れ、選手を前に演説をぶつ姿を取材させた。一般の国民も宿舎周辺に集まり、夜中まで「ブラジルが優勝するぞ!」と絶叫した。

 だが。7月16日、マラカナンスタジアム(リオデジャネイロ)で悲劇は起こった。ブラジルは後半開始早々先制点を挙げるが、立て続けに2失点。この大会のために建設された世界最大のスタジアムに詰めかけた20万人の観客が不気味なほどに沈黙した。そして試合終了。

 2失点目のとき、ラジオ中継を聴いていた男性がショック死し、試合終了直後の混乱の中、会場周辺で百数十人が怪我をし、気分が悪くなった。だが、優勝していたら数十人規模の犠牲者が出ていたはずだと著者は書く。ちなみに、ウルグアイでは試合直後の喧噪の中、5人が死亡した。

 敗北はブラジルサッカー界ばかりか、社会そのものに暗い影を落とした。周知のように、ブラジルは先住民インディオ、欧州などからの移住者、アフリカ系黒人などが人種的、文化的に混合した国で、〈このことが「雑種」として捉えられ、一種のコンプレックスとなっていた〉。

 それはいったん潜在化していたが、敗戦を機に再び社会的にクローズアップされた。“戦犯”と非難されたGKが黒人だったため、〈「黒人は精神的に不安定で、重要な場面で決定的なミスをする」という偏見〉も顕在化したという。

 世界最大のスポーツイベントと称されるサッカーW杯の存在の大きさを十分に感じさせる作品だ。

※SAPIO2014年7月号

【関連記事】
W杯 イギリス業者の賭けは日本からでもネットで参加可能
5大会連続W杯出場・サッカー日本代表の強さに秘密に迫った書
W杯で注目 ブラジル代表ネイマールの成長の歴史を追った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。