ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

W杯予選で日本と対戦する3か国 国歌の歌詞内容を和訳で紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 試合前のセレモニーで、時に選手が涙を流しながら歌う国歌。その歌詞を和訳で紹介し、成り立ちまで探求した『国のうた』『国旗・国歌の世界地図』(ともに文藝春秋刊)を読むと、各国のお国事情まで透けて見えておもしろい。

〈イピランガの静かな岸辺に聞こえる勇ましき民の雄叫び。おりしも祖国の空に輝く自由の太陽よ。たくましき腕で勝ち取りし平等の契り。おお自由よ、命を賭して守らん。おお、愛し 崇める祖国に栄えあれ! 栄えあれ!〉

 イピランガとは、ブラジルを建国したドン・ペドロ1世が「独立か、それとも死か」と叫んだ丘の地名。今大会、最もスタジアムを揺らすだろう開催国ブラジルの国歌は、イントロだけで15小節もあり、その後は早口で歌われるのが印象的だ。

 続いて、日本第1戦の相手コートジボワールの国歌。

〈愛すべきコートジボワール、あなたの息子たち。あなたの偉大さをつくりあげる誇り高き職人たちは、あなたの栄光のために集まって、喜びのうちに国を建てるだろう〉

 タイトルは「アビジャンの歌」。アビジャンとは、1983年まで首都だった同国最大の都市だ。

 第2戦はギリシャ。独立戦争の最中に作詞されているだけあって勇ましい。

〈研ぎ澄まされた剣を手に 鋭き眼差しで、大胆不敵に大地を見渡す。汝、ギリシャの民よ〉

 実はギリシャの国歌は全158節あり、世界一長い。ここに引用したのは、公式に歌われることの多い2節までの冒頭部分だ。

 予選第3戦の相手のコロンビアの国歌は、なぜかイタリア人の作曲。

〈アメリカ大陸に「独立を」との叫びがひびき渡り、コロンブスの大地に勇気ある者たちの血が流れる〉

「コロンブス」とは新大陸を“発見”した有名な探検家。ちなみに、コロンビアという国名はコロンブスの女性形だ。

※週刊ポスト2014年6月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【クイズ】「閣龍は葡萄牙と西班牙にいた」意味はなーんだ?
北朝鮮の国歌 金正日親子を讃える歌で国民きちんと歌えない
ギリシャ危機に対処するEU首脳に関するジョークを3つ紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP