体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きゃりーぱみゅぱみゅ、ユーモアたっぷりの新曲「きらきらキラー」MVを解禁!

2度目のワールドツアー「NANDA COLLECTION WORLD TOUR 2014」を開催中のきゃりーぱみゅぱみゅが、先日行なわれた凱旋ライブにて、1年ぶりに自身3枚目となるアルバム『ピカピカふぁんたじん』の発売を発表したことは記憶に新しいが、そのアルバムのリードトラックとなる「きらきらキラー」のミュージックビデオが解禁となった!

「きらきらキラー」MV (okmusic UP's)

このミュージックビデオは冒頭からきゃりーが射殺、そこから死後の世界が繰り広げられるというストーリー。きゃりーらしいユーモアたっぷりに描かれた世界観にぜひ注目してほしい。尚、この楽曲は7月12日全国イオンシネマ他にて劇場公開される映画『きゃりーぱみゅぱみゅシネマJOHN!』のテーマソングにもなっている。

アルバム発売後はホールツアー、自身最高となる9万人動員予定のアリーナツアーの実施と今年も勢いを止めることなく快進撃が続いているきゃりーぱみゅぱみゅに乞うご期待!

【「きらきらキラー」MV制作ノート】
5月、自身としては初2日間に渡った撮影となった。これまでの作品同様に演出・監督は田向潤。衣装は飯嶋久美子。デビュー前から親交があるスタッフと共に、自ら企画段階から入念に打合せを重ねた完成したミュージックビデオになった。今回の楽曲はau TV CMとしてもおなじみ、7月9日に発売する3rd album「ピカピカふぁんたじん」のリードトラックとなる新曲「きらきらキラー」となる。本人曰く、きらきらかわいいポップスの裏テーマとして、「きらきらの殺し屋」という含みもダークファンタジーを絶対的に表現したかったという。

毎回注目される本人の衣装は、制作期間は約2週間。死後の世界をイメージしたこの2パターンの衣装は歴代の衣装を上回る相当凝ったものとなった。不気味な世界観を表現するために雨雲をモチーフした腕やスカートは球型の発砲スチロールを使い、もこもこ感が作られたという。また、そのコントラストとして、異次元で戦う姿を表現するため胸部分はストイックな甲冑をイメージしたシルバーが多様されたきゃりーとしてはクールな衣装となった。さらに、後半で、前半の衣装がパステルと白に移り変わっていくシーンは「悟りを開いたきゃりーぱみゅぱみゅ=進化」が表現されている。そのクールなイメージからうまくきゃりーらしいパステルな世界観に移行しているシーンはイメージの移り変わりのすばらしい完成にその仕上がりにきゃりー自身もすごく満足していた。特に、今回はダンスが難しいので衣装とあわせてそちらもぜひ注目してほしい。

【きゃりーぱみゅぱみゅ コメント】
「きらきらキラー」は、実は”きらきら殺し“という意味も秘められた不思議な楽曲。ですので、ミュージックビデオは良い意味でみなさんのイメージを裏切る作品になってます。いままでいろんなファンタジーを表現してきましたが、また新しい面白い世界観作りに挑戦できたんじゃないかと思います。「きゃりーぱみゅぱみゅぽい!」と絶対に言ってもらえるすばらしい作品仕上がりました! ぜひフル尺で観てほしいです!

アルバム『ピカピカふぁんたじん』
2014年7月9日発売
【初回盤A】(CD+DVD)
WPZL-30870/1/¥3,800+税
【初回盤B】(CD+DVD)
WPZL-30915/6/¥3,800+税
【通常盤】(CD only)
WPCL-11926/¥3,000+税
<収録曲>
M01. ピカピカふぁんたじん
M02. きらきらキラー
M03. ゆめのはじまりんりん-album mix-
M04. もったいないとらんど
M05. シリアスひとみ
M06. do do pi do(CAPSULE COVER)
M07. ファミリーパーティー-album mix-
M08. Ring a Bell
M09. トーキョーハイウェイ
M10. こいこいこい
M11. すんごいオーラ –album mix-
M12. エクスプローラー
<初回盤A DVD収録内容>
「NANDA COLLECTION WORLD TOUR 2014 OFFICIAL DOCUMENTARY EPISODE1」
<初回盤B DVD収録内容>
「NANDA COLLECTION WORLD TOUR 2014 OFFICIAL DOCUMENTARY EPISODE2」

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。