ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

創造的作品の可能性を探る──ヤフー、インターネットクリエイティブアワード2014 開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
創造的作品の可能性を探る──ヤフー、インターネットクリエイティブアワード2014 開催

「インターネットクリエイティブアワード2014」/画像は特設Webサイトより
Yahoo! JAPANが、スマートデバイス向けの創造的作品の可能性を探る「インターネットクリエイティブアワード2014」を開催する。応募期間は2014年7月15日(火)から8月18日(月)まで。

一般の部」と「企業の部」、2つの部門にわけて開催され、ノミネート作品の発表は10月中旬。11月下旬に贈賞式を行い、特設Webサイトで受賞作品を発表する。

Yahoo! JAPANがスマートデバイス向け作品を顕彰

「インターネットクリエイティブアワード」は2006年より毎年開催され、2014年で9回目となる。スマートデバイス向けの創造的作品にフォーカスし、企業・一般を問わず、優秀なプロダクトには賞金とトロフィーが贈られる。

近年のスマートデバイスやソーシャルネットワーキングサービスの台頭により、インターネットは、これまで予想もつかなかったクリエイティブの市場やコミュニケーションを生み出し、さらに新たな可能性に満ちています。

いつでもどこでもつながるスマートデバイスにおいては、鋭い感性をもったクリエイターの表現方法が重要です。

Yahoo! JAPANは本アワードを通じ、スマートデバイスという新しい舞台で今後何ができるのか、その可能性を探り、才能ある表現者たちを発掘・支援していきます。 「インターネットクリエイティブアワード2014」開催概要より

2014年度は企業・一般ともに、スマートデバイスの新たな活用法を提案した作品を募集する「スマートデバイスイノベーション部門」を、2013年の優秀賞1賞から、Gold、Silver、Bronzeの3賞に増加。受賞のチャンスが大きく広がったこともあり、話題となっている。

公開された特設Webサイトでは、過去の受賞作品をすべて見ることができる。応募しない人も、これまでのインターネット表現のトレンドを追うのにも役立ちそうなのでチェックしてみよう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。