ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボーナスを散財しない、無駄遣いストップの習慣

DATE:
  • ガジェット通信を≫


そろそろボーナスシーズンですが、つい気が大きくなって衝動買いをしてしまいがちな時期でもあります。
本当に欲しいかどうか一晩寝かし、翌日「3回自分に聞く」ことで、無駄遣いをストップすることができますよ。
1回目:本当に必要な理由があるか
「安いから」ではなく、それが本当に必要なのかを考えてみましょう。流行のファッションなどの場合、自分に似合わないと結局着ないなんてことも。
購入後につかうかどうかまでを考え、つかうとするとどれくらいの頻度になりそうかをイメージしてみましょう。
2回目:代用はできないか
たとえば多機能の高級美顔器の購入を考えている場合、意外とすべての機能はつかわないもの。
最低限自分が欲しい機能があるもう少しお手軽な美顔器に、栄養素をサプリでまかなえばOKなど、低価格で代用ができないかどうか考えてみましょう。

無料アプリ『サプリ手帳(Androidios)』を利用して、飲み忘れを防止できます。
3回目:「いま」必要なものか
もう少し時間が経てばオークションで安く手に入るなど、いまではなく後からのほうがお得に購入できることもあります。そのような可能性がないかどうか、再度検討してみましょう。
衝動買いや無駄づかいを減らすことに意識を向けるようになると、お金に対する意識も高まり、無理なく貯金ができるようになります。
またこの習慣を続けていくと、本当に自分に必要な物だけ買うようになり、買った物を大切につかうメリットも。お金と向き合うことが多くなるこの時期、ぜひやってみてくださいね。
Piggy bank image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
盛り上がるどころか不快…女子同士で聞かない方がいいこと
旅行達人が教える、旅で人生を変える3つの方法
疲れを感じたときは、ときの流れを感じてみよう

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP