ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】現代日本の食をマッピング『フード左翼とフード右翼』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人』速水健朗/朝日新書/821円

【評者】徳江順一郎(東洋大学国際地域学部准教授)

 有名ホテル等による食品偽装事件やTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)批准を巡る日米の駆け引きなど、食に関する課題が次々と浮き彫りになるなか、本書は「左翼」と「右翼」という、ある意味、古典的なアプローチによる「食」の理解を試みている。

 論の展開において著者はまず、「健康志向」と「ジャンク志向」を縦軸に据える。健康志向には「有機農業」「ベジタリアン」などが、ジャンク志向には「農薬つきの安い野菜」「ジャンクフード」などが含まれる。そして、横軸として「地域主義」を左辺に、「グローバリズム」を右辺に置く。地域主義には「地産地消」「道の駅」などが、グローバリズムには「マクドナルドなどのファストフード」「冷凍食品」などが含まれる。

 その上で著者は、縦軸・横軸で区切られた4区画のうち、左上(健康志向で地域主義)を「フード左翼」、右下(ジャンク志向でグローバリズム)を「フード右翼」と定義づけ、これら2枠から外れるセルも含め、食事情の多様な事例を挙げている。

「ビーガン(Vegan。肉類だけでなく、牛乳や卵などの動物性タンパク質を一切摂取しない主義の人たち)」「ミート・フリー・マンデー運動(ポール・マッカートニーが提唱し英米で広まっている、月曜日は食肉をしない運動)」「F1種批判(F1種=数種の野菜の種を交雑し、それぞれの優性形質をかけ合わせて作られた、病害に強くサイズが均一な種。大量流通に寄与するが、その種は花が咲いても花粉ができない。そのため、自然の摂理に反した種である、と不安を抱く人も少なくない)」等々、食を巡る問題意識や主義主張はさまざまだ。

 事例を通じて、著者は〈現代において、社会を動かすのは政治よりも、むしろ企業による経済行為や一般人の消費である〉と語る。

 そうした思想面が、特に米国では政治姿勢にも直結しているというが、わが国でも同様な方向性が生じるかどうかは疑問が残る。ただし、自身のライフスタイルにおける食生活が、この4つのセルのいずれに偏っているか考えてみるのは一興に値しよう。根源的な問題は、食の生産現場と消費者が離れすぎてしまったことである。本書を片手に食の根源を訪ね歩くのは、その隔離を埋める第一歩になるのではないだろうか。

※女性セブン2014年6月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジャンクフードがやめられぬ訳 薬物中毒と同様の症状を確認
女子会プランが人気のラブホテル フラワーバスや岩盤浴も完備
「長すぎるエクレア」登場 ほかにしょうが風味なども

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP