ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

17歳で死の宣告受けた末期がん青年の呼びかけで13万人が募金

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自分の死にそなえて希望などを書き留めておく「エンディングノート」の存在は日本でも多くの人が知るところとなったが、余命宣告を実際に受けたあと、実際にエンディングノートを綴るのは難しい。ベストセラー『がんばらない』著者で諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏が、19歳で亡くなったイギリスの若者の例をあげて人生最後の時間を過ごす上で大切なことについて解説する。

 * * *
 5月14日、イギリスの若者が大腸がんからの肺、肝臓、骨への転移で亡くなった。スティーブン・サットンくん、19歳。この青年の言葉がインターネット上で注目を集め、7億円に近い金額の募金が集まったらしい。

 彼は15歳のとき、大腸がんと診断された。約3年間で7回の外科手術と化学療法や放射線治療を受けてきた。そして2012年、完治の可能性なしと伝えられた。

 スティーブンくんが凄いのはここからだった。決して絶望にへこたれない。死ぬまでにやり遂げたい“46の目標”を立て、昨年1月から「スティーブンものがたり」というサイトをインターネット上に立ち上げた。

 彼の目標というのは、ごく普通の若者たちが考えるようなことだった。「曲芸を学びたい」「コメディアンのジミー・カーに会いたい」「スカイダイビングをしたい」「ダーツの大会を見に行きたい」「映画かミュージックビデオのエキストラとして出演する」など、よくある若者らしい楽しいことばかり。

 アメリカのケンタッキー大学の研究チームは、楽しく生きる人はそうでない人より、免疫力が高くなると発表している。こういった目標を持つことは末期がんの患者にとってもいいことなのだ。

 しかしスティーブンくんの関心はそれだけではなかった。楽しいことをした上に、誰かの役に立ちたい。がんで苦しんでいる他の患者さんのために何かできることはないのか、と考え始めたのだ。

 スティーブンくんは、募金のために生きることを決めた。サッカーのチャリティー試合を開催する、チャリティーコンサートを開く。チャリティークイズ大会にダンスパーティー。死ぬまでにやりたいリストは自分のためだけではなく、誰かのために成し遂げたいという思いに変わっていった。

 彼が亡くなった日、お母さんがFacebookで報告した。

「勇気があり、利他的で、他人を鼓舞する息子を持ったことを誇りに思うと同時に、私の心は痛みで張り裂けそうです。この朝早く、息子は安らかに逝きました」

 イギリスのキャメロン首相も哀悼の意を捧げた。

「彼の魂と勇気と募金活動はすべての人を励ましました」と──。

 スティーブンくんが最後に残した言葉は素敵だ。「人生はときどき公平ではないとたしかに思うけれど、その思いがあるからこそ、僕は世界をより良い場所にしたい。悪いことは必ず起きる。でもそのとき、それとどう向き合うかで、その人の本当の人間性が決まる」

 わずか17歳で死の宣告を受けた青年が絶望的な状況の中で、きちんと人生を楽しもうとし、同時に誰かのために何かをしてあげたいと思い続けた。末期がんの青年の温かい心が一気にたくさんの人の心を揺さぶり、13万人が彼の呼び掛けた募金に協力した。

 誰かのために何かをする、人生最後の時間を他人のために生きてみようと工夫することが大切なんだ、と改めて教えられた気がした。

※週刊ポスト2014年6月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ゴミ出しで肩こり解消、拭き掃除で垂れたお尻とサヨナラ!
嵐・大野智 被災地小学校で「当たり付きカレー」の炊き出し
『ステップファザー・ステップ』の双子 兄は甘党、弟は辛党

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。