体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KREVA、ベストアルバム収録曲「全速力 feat.三浦大知」MV先行公開!

6月18日に発売されるKREVAのベストアルバム『KX』収録の新曲「全速力 feat.三浦大知」のミュージックビデオが公開された。

KREVA (okmusic UP's)

アルバム発売に先駆けて公開された60秒映像では、二人の息の合ったコラボレーションが繰り広げられており、静と動の見事な世界観を表現している。KREVAは「全速力で走るには力を蓄えることが必要。この曲は止まることの大切さを歌っているんです」と語っており、緩急絶妙に疾走するエレクトロダンストラックで三浦大知との刺激的で、且つ極上の高揚感に満ちた1曲を生み出している。オフィシャルサイトでは、KREVA、三浦大知、そして撮影を務めた須永秀明監督へのインタビューを加えたメイキング映像が公開されているので、一足早くその世界観を チェックして頂きたい。

アルバムタイトルが示す通り、10周年だからこそ実現する究極のベスト盤は、人気曲&超名曲を完全収録。リマスタリングされたCD2枚組全 30曲の通常盤は、これまでの全シングル曲とリード曲に加え、新曲「全速力 feat.三浦大知」と「Revolution」を収録し、時代を遡るトラックリストで構成されている。前人未到の偉業を更新し続けたKREVAの基準点 が凝縮され、且つそのおおいなる記録と今を網羅したベストアルバムとなりそうだ。

2004年6月18日に「希望の炎」、そして9月08日メジャーシングル「音色」で活動をスタートしたKREVA 。ベストアルバム発売の6月18日にソロデビュー10周年を迎え、同日から10th Anniversary Year「KREVAライブハウスツアー2014『K10』」と題した8都市10公演の全国ツアーもスタートさせる。ベストアルバムをチェッ クして是非ライブ会場に足を運んでみよう。

「全速力 feat.三浦大知」MV(Short Ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=Jrp4lXzyUck

アルバム『KX』
2014年6月18日発売
【通常盤】(2CD)
PCCA-10910/¥2,916(税込)
<収録内容>
・ベスト盤1
・ベスト盤2

【初回限定盤】(3CD+DVD)
PCCA-10909/¥3,996(税込)
<収録内容>
・ベスト盤1
・ベスト盤2
・セレクト盤
・DVD:ライヴセレクト盤

【予約限定生産盤】(4CD+2DVD+スペシャルフォトブック+10周年記念グッズ3点=計10点仕様)
PCCA-10908/¥11,780(税込)
<収録内容>
・ベスト盤1
・ベスト盤2
・セレクト盤
・レア盤
・DVD:ライブセレクト盤
・DVD:「KREVAのライミング予備校」

<ベスト盤 1> ※全形態共通
01. 全速力 feat.三浦大知
02. トランキライザー
03. BESHI
04. 王者の休日
05. Na Na Na
06. OH YEAH
07. 基準
08. KILA KILA
09. C’mon, Let’s go
10. 挑め
11. かも
12. 瞬間speechless
13. 生まれてきてありがとう feat.さかいゆう
14. I Wanna Know You
15. 成功

<ベスト盤 2> ※全形態共通
01. ストロングスタイル
02. ビコーズ
03. くればいいのに feat.草野マサムネ from SPITZ
04. アグレッシ部
05. THE SHOW
06. Have a nice day!
07. It’s for you
08. 国民的行事
09. スタート
10. イッサイガッサイ
11. ファンキーグラマラス feat.Mummy-D
12. ひとりじゃないのよ feat.SONOMI
13. 音色
14. 希望の炎
15. Revolution

<セレクト盤> ※予約限定生産盤&初回限定盤のみ
01. 微炭酸シンドローム feat.阿部真央
02. EGAO
03. Changing Same
04. たられば feat.SONOMI
05. シンクロ feat.古内東子
06. 中盤戦 feat.Mummy-D
07. 裏切り御免 [KREVA BEAT REMIX]
08. 今夜はブギー・バック
09. DAN DA DAN feat.CUEZERO
10. You are the No.1 (Hey DJ) feat.BONNIE PINK

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。