ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

還ってきた笑いと感動のオンラインRPG 『タルタロス:リバース』公式サイトオープン! 5つのプレイモードを公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今夏より運営・サービス開始予定のアクションMORPG『タルタロス:リバース』の公式サイトがいよいよオープン! 今作でプレイできる5つのモードが公開されました。2013年2月にサービスを終了した人気アクションMORPG『タルタロス』がこの夏、『タルタロス:リバース』として待望の復活を遂げます。
この作品には「シナリオモード」「ミッションモード」「チャレンジミッション」「対戦モード」「コロシアム」の5つのモードが用意されており、ソロプレイから多人数プレイまで幅広く対応しています。では早速、各モードについて見ていきましょう!

シナリオモード


ストーリーを楽しむためのモード。ドラマチックなシナリオを進めるにつれて新たなプレイヤーキャラクターが増えていきます。戦闘では3人のキャラクターで同時にプレイ(プレイヤーによる直接操作1キャラ+AI操作2キャラ)できることも大きな特徴で、手軽に爽快なバトルを満喫できるほか、戦局に合わせて直接操作するキャラクターを切り替えるという戦略性も備えています。また、“エンディングが用意されている”という点も見逃せません。

ミッションモード


最大4人パーティで攻略することで、経験値やアイテムを獲得できるインスタンスダンジョン系のモードです。各村の特徴やシナリオに合わせたコンセプトのダンジョンが用意されており、NPCからクエストを受けての任務遂行をはじめ幅広く利用されます。ダンジョンごとに設定されたミッションを達成することでクリアとなり、その結果によっては上位ランクのダンジョンに挑戦できるようになります。

チャレンジミッション


特定条件のクリアを目指す上級者向けモードです。各ミッションには挑戦するキャラクターの下限レベルが設けられており、クリアまでの制限時間が設定されたマップもあるため、歯ごたえたっぷりのバトルを楽しめます。チャレンジミッションならではのレアな報酬アイテムも用意されているので、チャレンジするべし!

対戦モード


1人vs1人~最大4人vs4人でプレイヤー同士の戦いが繰り広げられるモード。1プレイヤーにつき最大3人のキャラクターをエントリーでき、プレイヤー間のレベル差は自動的に調整されます。また、対戦の結果によってランキング付けされたり、対戦ポイントを貯めることで限定アイテムが購入できたりと、お楽しみ要素も満載です。

コロシアム


ギルドに所属するプレイヤーが決まった時間にギルドルームに入ることで、8人vs8人の対戦が楽しめるモードです。「対戦相手を倒す」「オボロスの争奪」などさまざまなルールが用意されており、戦いの舞台となるマップも多種多彩。見事勝利をおさめるとギルド貢献度に寄与できる「ギルド勲章」を獲得できるので、これを集めてギルドランキング上位を目指してください!

笑いと感動のストーリー、豪華声優陣によるフルボイスの『タルタロス:リバース』。サービス再開を待ち望んでいたファンも、前作をプレイしていない人も、まずは公式サイトをチェック!

【タルタロス:リバース概要】
タイトル名:タルタロス:リバース
ジャンル:笑いと感動のオンラインRPG
サービス形態:PCクライアント型
課金形態:基本プレイ無料+アイテム課金
サービス状況:今夏サービス開始予定

公式 Facebook:
https://www.facebook.com/tartaros.official[リンク]
公式 Twitter:
https://twitter.com/TartarosRebirth[リンク]

タルタロス:リバース 公式サイト:
http://tartaros.gamescampus.co.jp/

(C)2014 株式会社 OnNet All rights reserved.
(C)INTIVSOFT Co., Ltd. All rights reserved.


■関連記事(ゲームライフニュース)

呂布視点の物語も! タクテ ィカルアクション『真・三國無双7 with 猛将伝』Windows版が発売決定
超大型オンラインRPG最新作『ブレイドアンドソウル』パッケージ商品第一弾2種が予約開始!
課題達成で限定アイテムがもらえる! 『のぶニャがの野望×千年勇者 コラボキャンペーン』実施中
重要情報発表も予定!?  『BATTLE of HOUNDS』いよいよ『ニコニコ超会議3』へ!
全国5都市で開催の「ファンタシースター感謝祭2014」特設ページがオープン! 最速No.1を決める公式大会「アークスグランプリ」も受付開始!

カテゴリー : ゲーム タグ :
nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP