ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名曲ミュージカルも人気に K-POPの世界でリバイバルブーム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近のK-POPの世界では、リバイバルブームが起きつつあるという。韓国大衆文化ジャーナリストでK-POPに詳しい古家正亨(ふるや・まさゆき)さんは、こう話す。

「日本で例えると、SMAPが活動休止していて9年ぶりに活動再開するという感じでしょうか。今年のビッグニュースは、このgodのカムバックでしょうね。2004年に脱退して俳優に転身したユン・ゲサンも含め、フルメンバー5人が揃ったのは奇跡。5月に発表された新曲『みにくいアヒルの子』は、さっそくダウンロードチャートで1位を記録しました」

 往年の名曲で構成した“ジュークボックス(のような)ミュージカル”が次々とヒットしたり、女性歌手IUのリメイクアルバムが話題になったりと、古きよき原点回帰の動きが高まっている。

「洋楽のような現在のアイドルポップスとはひと味違ううえ、今聞いても新鮮。ジュークボックスミュージカルにはJYJのジュンスなども出演し、若い世代が昔の曲を知るいい機会にもなっているんです」(古家さん)

 韓流ドラマのなかで聞いた懐メロに、妙に心動かされる…そんな経験のある人なら、大人のアーティストにも注目してほしい、と古家さん。

「バラエティー番組MCのイメージが強いユン・ジョンシンは、才能豊かなシンガー・ソングライターで、毎年質の高いアルバムをリリースしています。バラード歌手のパク・ヒョシン、再ブレークしたR&B歌手のリナ・パークもおすすめです」(古家さん)

※女性セブン2014年6月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「カロリー25%オフで長寿遺伝子の働き高まる」との実験結果
宇多田ヒカルの母で演歌歌手・藤圭子の離婚回数は7回、2人
デビュー12年目のPSY 大麻と兵役逃れ疑惑で活動は実質3~4年

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP