ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、SMI技術を用いた次世代Mirasolディスプレイを披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

(c)Nikkei Electronics

Qualcommの子会社 Qualcomm MEMS Technologiesが「SMI(single mirror IMOD)」と呼ばれる新技術を用いた次世代Mirasolディスプレイの試作品をSID 2014イベントで展示していたそうです。Mirasolディスプレイは、MEMS(微細な機械のこと)で干渉変調(IMOD)を発生させて色を作るディスプレで、外からの光を反射して表示するのでLCDに比べて電力消費が少なく、屋外でも見やすいのが特徴です。今回披露された次世代MirasolのSMI技術は、Qualcomm Toq(スマートウォッチ)などで使用されている従来型のIMODモジュールを改良したものです。従来型はディスプレイの画素にRGBをなす各IMODモジュールが内蔵されており、モジュール内で光を反射する膜の向きを変える(波長を変える)ことで表示を行っていました。画素の色はRGBのON/OFF状態で決定されるので、表現できる色は限られていました。そのため、Toqはカラーディスプレイを搭載しているもの、色合いは一般的なLCDに比べてかなり残念なものとなっています。今回発表されたSMI技術では、画素に含まれるIMODモジュールはRGBごとではなく1つになっています。そのモジュールは反射膜を向きを変えることのほか、深さも変更できるようになっており、1つの画素だけで任意の色を表示できるようになっているそうです。そのため、ディスプレイの表示もより鮮やかになると言われています。上図はSMIベースのMirasolディスプレイで、普通のスマートフォンと遜色ない色合いのように見えます。Mirasolディスプレイは、消費電力がLCDよりも低いので、電子書籍端末やスマートウォッチには最適なディスプレイの一つと言えます。従来型では色に難ありだったのですが、SMI技術で大幅に改善されるようなので、商品化されれば、爆発的に普及しそうな気がします。Source : NIKKEI



(juggly.cn)記事関連リンク
LG G3ブランドの「LG-F460L」はSnapdragon 805を搭載、「LG-F490L“Liger”」も開発しているという噂
GoogleはLG G WatchをGoogle I/O 2014参加者全員にプレゼントする予定? 英国では7月7日に発売されるらしい
ASUS Japan、Intel Atom Z3745“Bay Trail-T”を搭載した新型MeMO Pad 2機種の国内発売を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。