ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

滋賀大VS和歌山大、伝統の総合戦先駆け学食同士が丼対決

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 滋賀大学と和歌山大学の伝統ある『滋賀大学・和歌山大学二大学学長杯争奪総合定期戦』がまもなく開催されようとしています。先駆け両大学の学食を舞台にこんな争いが勃発しています。

 まずは仕掛けたのは和歌山大学の学食からで、『滋賀大叩き潰す丼』を発売し先制パンチ。鰹たたきを潰してご飯にのせた漬け丼でお値段401円!この挑発メニューは即座に学生の手により、Twitterに投稿され瞬く間に広まり滋賀大学の元へ。


 挑発メニューを見た滋賀大学から今度は「近々新たな丼を食堂のメニューに加えようと思います。」という素早い反応が。どうも滋賀大学の学食も渾身の丼メニューを開発したようです。


 この総合定期戦は昭和41年からの長い歴史があり、今年で49回目。今回両学食から発売される“挑発丼”は参加選手の胃袋に収まり、力となり……結果どちらが勝利を掴むのか?両大学頑張って欲しいですね。

協力:
ミうラはゆにこーん(Twitter:@chiki_feels8)
滋賀大学彦根地区生協(Twitter:@ShigadaiSeikyoH)

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP