ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

チョコで異国へトリップ! 癖になる斬新フレーバー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

140609wild_o2.jpg
単に甘いチョコレート、苦いチョコレートに飽きていませんか?
チョコレートの楽しみ方はさまざま。あわせる素材で味わい方は無限にあります。なかでも意表をつくフレーバーで楽しませてくれるのがこちら。
目指したのはチョコレートを通した異文化交流
140609wild_o3.jpg
使用する素材はカレーやわさび、あるいはマッシュルーム! そんなユニークかつ大胆なチョコレートを提供しているのが、アメリカ発のチョコレートブランド『ヴォージュ・オー・ショコラ』。
オーナー兼ショコラティエのカトリーナ・マルコフが目指すのは「チョコレートを通した異文化交流」
フランス、スペイン、イタリア、
東南アジア、オーストラリアなど世界各国を渡り、その土地特有の料理を研究してきたカトリーナ。そこで得たインスピレーションを元に、いままでになかった斬新なチョコレートを生み出してきました。
カレー風味のチョコレート…あまりに斬新すぎるチョコレートは、開発当初は周りの反応も冷たかったとか。
しかし実際に食べたお客さんからは、「おいしい!」との声が続々と届きました。評判は瞬く間に広がり、いまや世界で販売されるブランドに成長したのです。
BBQ風味!? ポップで手頃なニューフェイス
140609wild_o1.jpg
「ヴォージュ」が世界中のエキゾチックな素材を組み合わせるのに対し、アメリカの素材にこだわり、アメリカらしい味つけで構成されるのが「ワイルド・オフェリア」。
こちらもユニークなフレーバーが特徴なのですが、まず気になったのは「BBQポテト味」。嘘でしょ!? って思いますよね。
チョコレートのなかに、バーベキュー風味のポテトチップスが入った型破りな1枚。思わず笑っちゃうくらいバーベキュー味なんだけど、それでいてしっかり濃厚なチョコレート。友だちとワイワイ食べたくなります!
素材はオールナチュラル
140609wild_o4.jpg
これだけ冒険しながらもおいしく仕上がっているのは、ショコラティエ、カトリーナ・マルコフの創造力と素材へのこだわり。
使用するのは、アメリカ国内の小さな農家が丹誠込めてつくったオーガニック。チップスひとつにしても人工的なものが多いなか、ここではオールナチュラルにこだわってつくられています。
アメリカの豊かな風土やつくり手の情熱。そんなストーリーを感じられるチョコレートです。



(グリッティ)記事関連リンク
暑い季節にこそ食べたい! カクテルをイメージした夏のショコラ
偉人も愛した? パリで最も古い歴史を持つチョコレート
ココロが豊かになる。美術館&カフェで過ごす贅沢な1日

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。