ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、ドイツで「Galaxy S III Neo(GT-I9301)」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが2012年のフラッグシップ「Galaxy S III」の新モデルとなる「Galaxy S III Neo(GT-I9301)」をドイツで発表しました。今年1月には中国で「Galaxy S III Neo+(GT-I9300I)」というデュアルSIMスマートフォンが発表されましたが、今回のGalaxy S III NeoはそれのシングルSIM版となります。しかし、OSがAndroid 4.4.2(KitKat)にアップグレードされているなど、ソフトウェア面も若干異なっています。筐体デザインは既存のGalaxy S IIIを継承しています。筐体サイズは136.6 x 70.6 x 8.6mm、質量は132gです。カラバリはメタリックブルーとセラミックホワイトの2色。ディスプレイは4.8インチ1,280×720ピクセルのSuper AMOLED、プロセッサは1.4GHz駆動のクアッドコア。メモリは1.5GB RAM / 16GB ROM(Micro SD対応)を搭載。カメラは背面に800万画素と前面に190万画素を搭載しています。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC、DLNA、GSM/WCDMAに対応。LTEには対応していません。バッテリー容量は2,100mAhです。Galaxy S III Neoはドイツで既に販売されています。価格はVAT込みで€279(約38,000円)程度です。Source : Samsung Germany



(juggly.cn)記事関連リンク
スクエニ、Android / iOS向けに「Final Fantasy VII G-Bike」を今秋リリース予定(更新)
SmartBand SWR10の管理アプリがv1.4.0.392にアップデート、タブレットに対応
Xperia A2 SO-04Fは6月19日に発売予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP