ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最先端の赤外線センサー搭載コンタクトレンズで夜でも視える!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以前、Googleが開発をしている涙内部に含まれるグルコースを測定するコンタクトレンズを紹介したが、今度は、Ted Norris氏、Zhaohui Zhong氏が参加するMichigan大学の研究チームが、最先端の赤外線センサーを開発しており、これが暗視用コンタクトレンズの実現につながる可能性があるという。この赤外線センサーをさまざまなデバイスに搭載することで、夜間視力の確保に貢献しそうだ。

これまで赤外線センサーは、暗闇でものを見るためだけでなく、化学物質の特定や医師が血圧測定をするのに用いられてきた。既存の赤外線センサーといえば、すべての範囲の赤外スペクトルを網羅するために、さまざまな機能を組み合わせる必要があり、冷却装置が欠かせなかった。

ところが、今回の新開発のレンズはなんと、大きさは小指の爪より小さいサイズで、圧倒的な小型化に成功している。このレンズには、炭素原子が集合して薄い層を構築しているgrapheneという物質が使われている。

研究チームでは、graphene内の電荷が周辺の電流にどのような影響を与え、光を発生させるのかといったことに注目。2つのgrapheneシートの間に絶縁隔壁を配置し、上部のgrapheneシートに光が当たると、電子が上部から下部のシートへと進み、可視画像を生み出すという仕組みだ。

非常に小型なだけでなく、この赤外線センサーは、室温下で適切に動作する点も優れている。科学や軍事面での活用はもとより、スマートフォンなどのスマートデバイスや、カーアクセサリーに搭載することで、暗い環境下でも画面や視界が見やすくなるなど、さまざまな用途で役立ってくれるだろう。

University Of Michigan Infrared Sensor

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP