ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版MailboxにUndo機能やエイリアスのデフォルト設定機能が追加、オートコンプリートの読み込み速度も向上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Gmail / iCloudのメールクライアントアプリ「Mailbox」のAndroid版がv1.0.3にアップデートされました。今回のアップデートで、待望のUndo機能が追加されました。Undo機能はメールのスワイプ操作などで行った分類処理を元に戻せるというもので、処理を行い同期するまでの間はスライドメニュー上の「Undo」ボタンでキャンセルできます。また、Gmailエイリアスをデフォルトの送信元メールアドレスに設定することも可能になりました(「Setings」→「アカウント名」→「Gmail aliases」で設定可能)。このほか、送信先のオートコンプリート機能が改善され、特に登録件数の多いアドレス帳の読み込みが高速になったとされています。「Mailbox」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
着信音・通知音設定アプリ「PaPatto♪♪」がリニューアル、LINEトーク・通話音の設定や設定内容の一覧表示が可能に
英国の携帯販売店 Carphone WarehouseがNexus 5 16GBモデルを大幅値下げ
OPPO、厚さ6.3mmの薄型LTEスマートフォン「OPPO R3」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP