ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

端末のボリュームボタン操作で特定の機能やアプリをダイレクトに実行できる「QuickClick」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

端末のボリュームボタン操作で特定の機能やアプリをダイレクトに実行できるショートカット系アプリ「QuickClick」がGoogle Playストアにリリースされました。QuickClickでは、事前に登録したボリュームボタンの押し方とアクションよって、カメラを起動したり、Androidの設定変更を行ったり、任意のAndroidアプリを起動できます。アプリはスリープ中でも動作するので(スリープ中のみ実行するよう設定することも可能)、端末の画面をONにしてロック画面を解除し、アプリを起動するといった操作を行うことなく、端末の機能をダイレクトに呼び出せます。QuickClickの機能を利用するにはroot権限が必要になるので、root化済み端末でしか本アプリを利用できません。QuickClickの主な機能は、カメラを起動写真を撮影動画を撮影フラッシュライトをON音声コマンドを実行特定の電話番号に発信またはSMSの送信音楽を再生端末の設定を変更Androidアプリを起動Taskerの登録タスクを実行Taskerもサポートしており、Taskerイベントよっては自動化されたタスクを実行することもできます。イベントごとにボリュームボタンの押し方を変更すれば、複数のイベントを登録できます。たとえば、ボリュームダウンボタンの2回押しでカメラを起動したり、ボリュームダウン→アップ→ダウン→アップで指定した電話番後に電話をかけることができたりします。「QuickClick」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
英国の携帯販売店 Carphone WarehouseがNexus 5 16GBモデルを大幅値下げ
OPPO、厚さ6.3mmの薄型LTEスマートフォン「OPPO R3」を発表
Huawei、6月24日に新型Honorの発表イベントを開催、製品名は「Honor 6」?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP