ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京セラ、米Boost Mobile向けにタフネス仕様のAndroidスマートフォン「Hydro Icon」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京セラの米国法人は6月9日(現地時間)、米Sprint傘下のプリペイドキャリア Boost Mobile向けに防水・防塵、LTEに対応した新型スマートフォン「Hydro Icon」を投入すると発表しました。Hydro Iconは、京セラの海外向けの防水・防塵対応モデル“Hydro”の新モデルで、IP57の防水・防塵に対応するほか、米国防総省のMIL810G規格準拠の耐衝撃性、強化ガラスなどを備えたタフネススマートフォンです。ディスプレイが振動して音を耳内にダイレクトに伝えるスマートソニックレシーバーやLTE、ワイヤレス充電にも対応しています。端末自体は5月にSprintとVirgin Mobile向けとして発表された「Hydro Vibe」をベースにしています。Hydro Iconは、4.5インチ960×540ピクセルのIPS液晶ディスプレイ、Snapdragon 400 MSM8926 1.2GHzクアッドコアプロセッサ、1.5GB RAM/8GB ROM(Micro SD対応)、背面にフルHD動画の撮影も可能な800万画素カメラ(AF、HDR撮影、連写も可能)、前面に200万画素カメラを搭載。OSはAndroid 4.3(Jelly Bean)です。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC、CDMA 1x/CDMA 1xEVDO/LTEに対応。バッテリー容量は2,000mAhで、PMA準拠のワイヤレス充電にも対応しています。Hydro Iconの発売日は6月17日。価格は$149。スペックの割に安価です。現地ではMoto G対抗機種になると思います。Source : Kyocera



(juggly.cn)記事関連リンク
着信音・通知音設定アプリ「PaPatto♪♪」がリニューアル、LINEトーク・通話音の設定や設定内容の一覧表示が可能に
英国の携帯販売店 Carphone WarehouseがNexus 5 16GBモデルを大幅値下げ
OPPO、厚さ6.3mmの薄型LTEスマートフォン「OPPO R3」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP