ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

森永卓郎、森末慎二、小田嶋隆氏が認知症判別テストを受けた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 寿命100歳時代を迎え、「ボケない」ことが最重要テーマとなる中、本誌前号で取り上げた「10分間で認知症予備軍かどうかがわかる判別テスト」は、大反響を呼んだ。

 このテストでは、電話口でオペレーターの質問に約10分間応答するだけで、軽度認知障害(MCI)であるかどうかを97%の精度で判断できる。もとは米国メディカルケアコーポレーション社が開発し、現在、米国では主要民間保険会社52社のうち51社でこのテストが採用されている。この日本語版は、福岡大学の山田達夫教授らの検証によって原版と同様の精度が確認されている。

 やり方は簡単だ。ネット上でカードを購入し(1回3500円・税別)、電話でそのカード番号や名前、年齢などを伝えると、テストがスタート。まず電話口のオペレーターが関連性のない10個の単語を読み上げ、それを復唱して暗記する。たとえば、寝室、産毛、メッセージという具合だ。復唱が終わると、それを思い出してオペレーターに伝える作業を、3回繰り返す。

 次に、オペレーターが動物の名前を3つ読み上げ、最も異なる(タイプが違う)と思われる動物を一つ選ぶよう指示される。何が正解というものではない。

 たとえば、猫、犬、牛から何となく猫を選ぶ、というようなものだ。この選択を2~3分繰り返す。

 最後に、もう一度最初の10の単語リストを思い出す。これで、テスト終了である。この間、わずか10分。結果は、その後郵送で送られる。なぜこんな簡単なテストで、MCIかどうかが判別できるのだろうか。

 テストでは10の単語が提示され、その並び順によって、どれほど記憶力に差が出るかが判別される。短い時間(数秒)内に物事を記憶し認知処理する能力を「作業記憶」、受け取った情報の記憶が短期間、保持される能力を「短期記憶」という。

 このテストでは、まず復唱して単語を記憶することで、作業記憶が問われる。その後、別の作業が挟まった後に、もう一度単語リストを思い出すことで、短期記憶が問われることになる。短期記憶は、時間の経過や新たな情報のインプットとともに失われる。

 認知症の初期症状では、作業記憶や短期記憶に衰えが見られる。このテストは、そうした能力を総合的に評価するために構成されたものなのだ。

 今回本誌は、将来を心配する還暦間近の著名人3人に、実際にこのテストを受けてもらった。まずは経済評論家の森永卓郎氏(56)。意外にも、危機感が強かった。

「最近、とくに人の名前を思い出せない。しょっちゅう会っている人でも、会って名前が出てこない。テレビやラジオに出ても、『あの……あれ……なんだっけ』という感じで言葉に詰まって、ボケてきたのかなと漠然と思っていました。この前は鳩山(由紀夫)首相と野田(佳彦)首相の間の首相の名前(菅直人氏のこと)が出てこなかった」

 結果は、認知機能指数78.54。50未満が「MCIの疑いあり」と判定されるため、「問題は見つかりません」という結果だった。

「全部覚えられなくて、『大丈夫なのか』とちょっと心配していました。普通なら3回聞けば覚えられるじゃないですか。いまでもどうしても一つ思い出せない。問題ないと聞いて、正直どうなのかと思っています」

 実はこのように、思い出せないと悔しがるうちは問題ない場合が多い。認知症は、「忘れたことを忘れてしまう」ものだからだ。

 次にロサンゼルス五輪金メダリストの森末慎二氏(58)。

「僕はモノを覚えるのが元々苦手で、電話番号などもメモしないとだめなほう。テストは緊張しました。10単語のうち、半分くらいしか覚えられなかったと思います」

 結果は、66.19。これも問題ない数値だった。

「認知症は自分が気づかないうちに進行するものだから、正直怖い。脳ドックも受けていて、脳の収縮もないと言われていましたが、やはり安心しました」

 最後に、コラムニストの小田嶋隆氏(57)。

「1+1を繰り返すようなものかと思ったら、予想よりも難しかった。2回目、3回目は全部覚えられましたが、最後もう一度やったときは一つ出てこなかった」

 そう言いながら、結果は78.56というハイスコア。しかし、本人の関心は別のところにあった。

「問題は『疑いあり』の場合、どうすればいいのかということです。早期発見したところで、個々人の意識に関わることだから、自覚的な予防が難しい。尊厳を傷つけるなど、むしろ悪影響が出ることも考えられる。それを知ることが、果たしていいことなのか悪いことなのか、疑問です」

 小田嶋氏の指摘には一理ある。認知症は他の病気と違い、依然としてメカニズムがはっきりしておらず、発症した場合の効果的な治療法もない。だから、これまでも将来認知症になるリスクに関しては、どれだけ知る必要があるのかについて議論が繰り返されてきた。

※週刊ポスト2014年6月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
老人ホーム内に駄菓子屋設置 イメージプレイで認知症予防
認知症初期の診断 「10時10分」の時計を絵に描けぬこと多い
ガムを噛む・2日前の日記を書く等 ボケないための生活習慣

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP