ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

K-POP ポストEXOの注目株はWINNER、TEAM Bなど

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 セウォル号の沈没事故を受け、韓国の音楽市場は大打撃を受けた。音楽番組やイベントが軒並み中止となったのだ。そんな中、トップアイドルEXOのメンバーであるクリスが事務所を相手に訴訟を起こすという事態が勃発。

「11人で活動することになりましたが、それでも新曲『Overdose(中毒)』では1位を獲得。韓国での単独コンサートは立ち見席でも10万円の値がついてましたね。EXOの人気は本物だということでしょう。ただ、EXOを一人勝ちにさせるわけにはいかない、“ポストEXO”を育成しようというのが、各芸能プロダクションの考えです。アイドルのパワーが失速しているのは、K-POPブームをけん引したアイドルたちが、世代交代の時期を迎えているのも要因でしょうね」

 アイドルたちも、ただきれいなだけでは頭打ち。ポストEXOといっても、華やかなアイドル性はもちろん、他と差をつけるアーティスト性が必要とされる時代になっている。古家さんは、次世代アイドルの注目株としてまず、2011年デビューのB1A4を挙げる。

「リーダーのジニョンはデビューアルバムから作詞作曲、プロデュースまでこなすセルフプロデュースアイドル。自作曲をタイトル曲として活動しているのは、BIGBANGやCNBLUEなど、ごく少数しかいません。曲を聞いただけで“あ、B1A4だ”とわかるほど自分たちの世界を確立しているのは立派です」

 また、YGエンターテインメントから、BIGBANG以来のボーイズグループとして今年本格デビューを予定しているのが、WINNER。彼らが優勝したサバイバル番組では敗者となったにもかかわらず、根強い人気のTEAM Bとともに話題だ。JYPエンターテインメントからも、アクロバティックなダンスをウリにするGOT7が“ポスト2PM”としてデビューしている。

※女性セブン2014年6月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
950曲掲載 ジャケットだけでも楽しいアイドルディスクガイド
吉野紗香、新田恵利ら13人の元アイドルが芸能界を語った書
SMAPファン デビューCD3枚買ったのがバレ親に怒られた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP