ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

拉致被害者帰国への希望ムードに我が「隣人」韓国が水を差す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月下旬、スウェーデン・ストックホルムで開催された日朝政府間協議で、拉致問題が動き始めた。北朝鮮は日本人拉致被害者の再調査を約束、日本も制裁の一部を解除することで合意。拉致被害者・横田めぐみさんの父、滋氏は「解決に向けた大きな前進となると期待している」と述べ、国民にも拉致被害者帰国への希望が広がった。

 だが、このムードに水を差したのが、わが「隣人」の韓国だ。韓国統一省報道官は日朝合意に、「人道的見地から日本の立場を理解する」と述べたものの、「北の核問題を巡る日米韓の協調体制は維持されるべきだ」と釘を刺してきたのである。

 新潟県立大学の浅羽祐樹准教授(韓国政治)は、韓国側の発言の真意についてこう語る。

「朴槿恵政権の相当な焦りを感じます。『南北の統一』、そして日本と同じ拉致問題を抱える国として『拉致解決』を再優先事項に掲げ、“北の問題のメーンプレーヤーだ”と自負してきたのに、今回、韓国抜きで話が進んでしまった。今後もし日朝首脳会談という“成果”まで出されたら、面目が丸つぶれになってしまいます。

 とはいえ、無辜(むこ)の民をさらった拉致の解決にはさすがに文句はつけられないから、“日本がスタンドプレーで制裁解除すれば、北の核問題が拗れてしまうぞ”と、横やりを入れてきた。米国主導の国際社会から見れば、北の問題は『核ミサイル』、『拉致』の位置づけですから、それを利用した形です」

 韓国は今回の日朝協議がよほど気に入らなかったようで、韓国メディアにもやっかみ混じりの言葉がそこここに。例えば『朝鮮日報』(6月3日付)では、韓国政府高官の談話をこう伝えている。

〈友人のいない国同士が手をつなごうとしているわけだが、われわれが劣等感をもってこのことを見つめる必要はない。(北朝鮮の核問題に)一息つく口実を与えたという点で、前向きに評価することはできない〉

〈日本が北朝鮮に意味のある食糧援助を行うようになれば、米国が黙っているはずがない〉

 友人のいない国とはあなたのところではないか。それにお決まりの告げ口。勝手に北朝鮮と仲良くしたら、米国に言いつけるぞというのだから開いた口がふさがらない。まるでガキ大将に隠れて文句をいってくる子供のようだ。

※週刊ポスト2014年6月20日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
拉致命じられ日本に潜入した韓国秘密工作隊の悲劇を描いた本
拉致問題や拉致被害者の家族は韓国政府にとって厄介な存在
北朝鮮と韓国との全面戦争はあるか? 専門家はないと説明

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP