ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

福山雅治 格闘技がきっかけでB’z稲葉浩志との初対談実現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「自分が今までやってないことをやってみたいなと思って、(中略)対談形式の人との対話というか、話をやってみたいな、と」

 5月29日、オフィシャルウェブサイト『en-zine』で公開された映像の中で、B’zのボーカル・稲葉浩志(49才)はそう語った。

 人見知りが激しく、人の話を聞かず、トークは苦手。おまけに友達が少ないと公言する稲葉にとって、大きなチャレンジとなったが、その第1回のゲストはなんと福山雅治(45才)。長らく日本の音楽シーンを牽引してきたふたりをつなげたものとは?

 長崎県出身の福山は、バンドデビューを目指して18才のときに上京。翌1988年、オーディションに合格し俳優としての活動をスタートさせると、2年後に、『追憶の雨の中』で念願の歌手デビューを果たした。

 一方、岡山県出身の稲葉は、松本孝弘(53才)とB’zを結成し、『だからその手を離して』で、1988年にデビューを飾っている。

「偶然にも同じ年に芸能界に足を踏み入れたふたりですが、音楽番組などで顔を合わせることはあっても、共演することはありませんでした。プライベートなつきあいも、ほとんどなかったようです」(音楽関係者)

 今回、そんなふたりを結びつけたのは、共通の趣味である格闘技だった。

「ハードなライブをこなすため、日常的にトレーニングをしている稲葉さんは、筋トレ好きが高じて格闘技の観戦にもよく出かけていました。その会場で、同じく格闘技ファンで、筋トレマニアでもある福山さんと会ったことが、今回の対談につながったようです」(前出・音楽関係者)

 今から14年ほど前、ともに出演した『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の舞台裏で、好きな格闘家の話をしたことがあったという。

 短い会話だったが、その時のやりとりをお互い覚えており、稲葉の「格闘技の対談を福山さんと」という熱いラブコールに、初のメディア共演という形で福山が応えたのだった。

 福山が「小学校のころ空手をやっていた」と言うと、稲葉も「プロレスごっこはやってましたね」と笑いながら返す。この“BIG”な対談の様子は、前述したサイトで見ることができるが、約1時間のうちほとんどがディープな格闘技トークだった。

※女性セブン2014年6月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
21歳チョコ好き美人テコンドー選手 様々な格闘技に精通
長谷川潤 中国系アメリカ人投資家と六本木でラブラブデート
福山雅治の極秘経営バー 近隣配慮のため店員と交わした約束

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP