ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国ではキム・スヒョン一色 人気は中国、台湾にも飛び火

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今年2月、出張でソウルに降り立ったら、街中が異様な事態で…。看板もバスの広告も、テレビCMもキム・スヒョン一色だったんです」

 と話すのは、DATV広報の木之下ゆり子さん。韓国のNO.1ドラマ『星から来たあなた』で火がついたスヒョン人気は、韓国にとどまらず、中国にも飛び火している。

「5月に日本でファンミーティングをした時には、日本人、韓国人はもちろん、中国からも多くのファンが来ていて、改めて韓・中での人気を実感しました」(木之下さん)

 そんな彼の『星から~』は5月末にDATVで放送が始まったばかり。久々の“大型”ラブコメ上陸に期待が高まる。

「このところ韓国では復讐、刑事、医療、アクション、サイコなどのジャンルドラマが続き、純然たるラブコメがあまり作られませんでした。でも私自身、“(針の)振り切れた”ラブコメが見たいんですよね。ラブコメ好きの日本の韓ドラファンにとって、停滞と感じられたかもしれません」

 と、NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンの高木春香さん。この3年間で日本でのドラマDVD-BOX販売実績が1万セットを超えたものは激減。2011年は『美男「≪イケメン」ですね』『トキメキ☆成均館スキャンダル』『イタズラなKiss~Playful Kiss』『メリは外泊中』の4作品があったが、2012年は『ラブレイン』、2013年は『屋根部屋のプリンス』1作品どまりとなっている。

※女性セブン2014年6月19日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「超新星」のユナク「撮影に向けSK-IIでお手入れ中」と告白
韓流ドラマ傾向 少し年上の女性と若いイケメンの恋がブーム
チャン・ドンゴンら韓国で映画の重鎮がTVドラマに戻る理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP