ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

このテストで「聞き下手な人の特徴」がよく分かる 気付かない人はやや問題あり?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビジネスの世界で活躍するのに欠かせない能力の一つに、「聞く力」というものがあります。自ら話すことももちろん大切ですが、成果を上げている営業マンの多くは、相手のオーダーを聞き出す術に長けており、話すことよりも聞くことに注力している程です。

ここで簡単なテストを行なってみましょう。書籍『あっという間に仲間ができる「話し方」』では、対話型の例文を見て、どこがおかしいかわかるかテストをしています。その例文は下記のもの。早速読んでみましょう。聞き下手な人の特徴がよくわかるテストとなっています。

A「最近、寒いですね~」
B「でも、昨日みたいに雨が降らないだけマシですよ」
A「そうですね。昨日は大変でしたね~」
B「昨日、何かあったんですか?」
A「健康のために今月からジョギングを始めたんですが、昨日の雨と寒さで……」
B「えっ! 私もジョギングしていますよ! 去年はホノルルマラソンにも出ました!」
A「そうなんですか」
B「出たことあります? ホノルルマラソン?」
A「いえ」
B「いいですよ~。暖かくて景色がきれいで、もう最高ですよ!」

このAとBの会話ですが、明らかにBの対応はおかしいですよね?
Bのよくない返答が三箇所ありますが、気づきましたでしょうか。

同書では、お笑い通の関西弁賢者というキャラがこの例文を解説。ます最初におかしいのは、「でも、昨日みたいに雨が降らないだけマシですよ」の部分。相手の話を聞いた後に、「でも」「しかし」「いや」など、否定から入るのはアカンと賢者はご立腹。「どうしても否定したい場合は、最初に肯定してから否定すべきやな。この場合やと、『そうですね。でも~』と、してやるだけで印象が変わるやろ」と指摘しています。

続いては、「えっ! 私もジョギングしていますよ! 去年はホノルルマラソンにも出ました!」の部分。ここでBは相手の話したいことを無視し、自分の言いたいことだけを話しています。これはよくありません。まずは、昨日のジョギングについて掘り下げてあげるべき。せっかく、相手からジョギングというキーワードを引き出したのに、自らその話を自分のものにすり替えるのは、デメリットでしかありません。

最後に、「出たことあります? ホノルルマラソン?」。その前にAは今月からジョギングを始めたと言っています。ですので、ここでホノルルの話題を出すのは、B本人がその話題を話したかっただけという本心が、Aにもバレてしまいます。相手の話をちゃんと聞いていないので、失礼な質問や場違いな質問をしてしまうのです。

一見、うまく会話をしているBに見えますが、実際には聞き上手とは決して言えないレベル。このBの会話を見て、「どこが悪いのかわからない」となっている人は、少し問題ありかもしれません。早めの修正をおすすめします。

【書籍データ】
・『あっという間に仲間ができる「話し方」』 田中イデア著 サンマーク出版

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。