ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どうして今キカイダーか? 『キカイダー REBOOT』は人間ドラマ濃厚で大人向け

DATE:
  • ガジェット通信を≫

石ノ森章太郎原作による1970年代の人気特撮シリーズ「人造人間キカイダー」を、まさしく現代に映画としてリブートした『キカイダー REBOOT』が好評だ。時代を超えて、”人造人間”=アンドロイドの主人公がつなぐ、メッセージとは? キカイダー/ジロー役の入江甚儀、主人公と心通わす光明寺ミツコ役の佐津川愛美が、新生キカイダーの魅力を語る。

そもそも「人造人間キカイダー」は少年向けの特撮ドラマという表面的なカバーの下に、感情を持ったがために葛藤する主人公像や、人間とアンドロイドの切ない恋模様、宿命と書いてライバルと読みたいハカイダーとの闘い、そして社会問題を映す高いメッセージ性が流れていた秀作だ。そのスピリットを継ぐ『キカイダー REBOOT』で主演した入江自身も、「今回の映画も、人間ドラマが濃いなと思いました。子供たちが観ても楽しいですが、大人向け。親子の関係、兄弟のこと、国の問題。最近見ないヒーロー像です」と自信を示す。

一方、特撮ヒーローになじみが薄い女子の佐津川は、「最初は怖いなと思いました(笑)」とキカイダーの第一印象を明かす。「威圧感があるので、入江君が話しかけてくれないと恐怖感が消えなくて(笑)。でも、アクションだけでなく、家族のことを描くストーリーには女子だって感情移入します。普通のドラマとして、女の子にも観てほしいです」と本質をPR。横でうなずく入江も、「先日、『仮面ライダー鎧武/ガイム』とキカイダーがコラボしましたが、放送を観た女性の方のお手紙に、”半分脳が出ていて、怖いです”って書いてあって(苦笑)。男子はカッコいいと思うデザインが女子も、ってわけじゃないですものね」と苦労話をポツリ。しかし、懸命な宣伝活動が奏功して、劇場には女子も少なくない模様。

男子でも女子でも、じっくりと『キカイダー REBOOT』を観れば、「”いま”の社会風刺を描いている」(入江)ことがよくわかる。「親子の問題、日本の原発の問題、オリジナルで培った精神も継承していて、それがCG技術の発達した”いま”の映像で描いているからこそ、現代的で楽しいキカイダー作品になっていると思います」と新生キカイダーの魅力を最後に分析した入江。どうして今キカイダーか? その理由を映画館で考えてみないか!

映画『キカイダー REBOOT』は、上映中!

【参照リンク】
・『キカイダー REBOOT』公式サイト
http://www.kikaider.jp/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP